アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







カウントダウンタイマー

最近のエントリー (15記事)

 2018/02/14 【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (前編)
 2018/02/15 【J1:順位予想】 躍進候補は名古屋・広島・浦和・FC東京あたり??? (2018年版)
 2018/02/16 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (FC東京・湘南・清水・広島・磐田)
 2018/02/16 【最初の10試合は低調】 クルピ監督に対するセレッソ大阪のサポーターの見解は事実か?嘘か?
 2018/02/16 【年俸比較】 「プロ野球選手は高給取り、Jリーガーは薄給」というイメージはもうすぐ古くなる。
 2018/02/17 【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (後編)
 2018/02/17 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (13位-18位) (参加者数:457名)
 2018/02/17 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (7位-12位) (参加者数:457名)
 2018/02/18 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-6位) (参加者数:457名)
 2018/02/18 【ACL】 済州ユナイテッドの度重なるラフプレーにドン引きした件。 (vs セレッソ大阪)
 2018/02/19 【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (12位-22位)
 2018/02/19 【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-11位)
 2018/02/19 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (10位-18位)
 2018/02/20 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (1位-9位)
 2018/02/20 【J1】 2018年の得点王は誰だろうか?~本命はFWジョー(名古屋グランパス)か?~
 2018/02/20 【史上最攻シンドローム】 勝負の1年に挑むコンサドーレ札幌

 2018/02/20 【J1】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:520名)
 2018/02/20 【J2】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:214名)
 2018/02/20 【J3】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:58名)
 2018/02/20 【J1・J2・J3】 順位予想バトル エラー投稿の一覧 (現時点のエラー投稿者:18名)

 2018/02/20 全記事一覧(2005年-2018年)


もし、小倉隆史の大怪我がなかったならば・・・。 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ もしも・・・

のちに振り返ってみると、世の中には、「もし、あのとき、ああなっていたならば・・・。」という分岐点がいくつか存在する。それは、サッカーの世界でも同様である。


   「もし、ドーハの悲劇がなかったら・・・。」

   「もし、アトランタ五輪出場がならなかったならば・・・。」

   「もし、中田英寿の成長がアジア最終予選に間に合わなかったならば・・・。」

   「もし、岡田武史監督が、カズを外さなかったならば・・・。」

   「もし、新監督がトルシエでは無かったならば・・・。」

  「もし、あのとき、トルシエが解任されていたならば・・・。」

   「もし、あの試合でトルコに勝利していたならば・・・。」

   「もし、監督がジーコ以外の人だったならば・・・。」

   「もし、ドイツでオーストラリアに勝利していたら・・・。」

   「もし、オシム監督が倒れなかったならば・・・。」


もし、ドーハの悲劇がなくて、カズとラモスがアメリカW杯行きのキップを勝ち取っていたならば、サッカーブームは、もっと凄いことになっていたのかもしれない。もし、1997年のワールドカップアジア最終予選で中田英寿がいなかったならば、日本代表はフランス行きのキップを逃していたかもしれない。もし、1998年にトルシエでは無く、他の別の監督が日本にやってきたならば、黄金世代の台頭は無かったかもしれない。

「もし、あのとき、小倉隆史が怪我をしなかったならば・・・。」というのも、その「if」の1つである。


■ 将来の日本代表の中心選手として・・・

1996年2月のこと。翌月から始まるアトランタ五輪アジア最終予選を前に、彼は絶好調だった。前年の1995年シーズンは、リーグ戦37試合で14ゴール。アーセン・ベンゲルに率いられた名古屋グランパスエイトは、1stステージ4位、2ndステージ2位と大躍進を遂げた。

その勢いをもって臨んだ元日のサンフレッチェ広島との天皇杯決勝で、彼は先制ゴールを含む2ゴールの大活躍。クラブに史上初めてのJリーグタイトルをもたらした。過去の幻想に悩まされていた彼は、「自分を超えられるような気がする。」と語っていた。

182cmという立派な体格、繊細なボールコントロール、トリッキーなドリブル、正確なパス、そして、強烈なシュート。精神的な弱さを指摘されることもあったが、天性のリーダーシップとムードメーカーとしての資質。まだ、未完性ではあったが、未完成だからこその魅力を備えていた。誰もが、「彼が近い将来、日本代表の中心選手になるのは間違いない。」と感じていた。

■ 代表キャリアの終焉

しかし、代表戦士としてのキャリアは、マレーシアの地であっけなく終焉を迎える。皮肉にも、この日が、彼が日の丸を背負ってプレーした最後の日となった。

この日、ヘディングの最中に着地に失敗した彼は、右足後十字靭帯を断裂し、完全に戦線に復帰するまで、2年半という歳月を擁した。アトランタ五輪はもちろん、フランスW杯も棒に振った。日本代表が苦境に陥ると、決まって、「もし、このピッチ上に、小倉がいれば・・・。」と思った。

2003年6月、小倉はJ2のヴァンフォーレ甲府に移籍する。J2通算で75試合で18ゴール。ラストイヤーとなった2005年はわずかに8試合の出場に終わったが、甲府というスモールクラブを初めてのJ1に導いたあと、現役を引退する。

■ 左足にかかった期待

確かに、彼は、過大評価された部分はある。もし、あの怪我がなかったとして、その後、どういうキャリアを積んだのか。果たして、再び、海外のリーグで活躍できたか。日本代表の中心として活躍できたのか。ワールドカップでゴールネットを揺らすことが出来たのか。それは、分からない。

未完の大器には、ついに全盛期が訪れなかった。だからこそ、その存在が、美化されているのも間違いない。もし、今、22歳前後で日本代表に選ばれている選手が、当然、キャリアを終えざる得ない状況に陥ったとしたら、その後の評価は、実際に歩むであろうキャリアよりも、上乗せされることは自然である。そのプレーは、人々の頭の中で補正がかかってしまう。

ただ、そうはいっても、やはり、彼の左足に期待をかけたサポーターは多かった。彼は、スペシャルだった。イマジネーション溢れる左足は、常に、何か、大仕事ををやりそうな雰囲気を醸し出していた。近年、日本サッカー界にも数名の優秀な若手フォワードが出現しているが、そのポテンシャルで小倉隆史を確実に上回ると言い切れる選手はいないだろう。

■ もし、小倉隆史が大怪我に見舞われなかったならば・・・

プロのサッカー選手として、彼は、期待されたほどの結果を残せなかった。ここで、「もし、小倉隆史が大怪我に見舞われなかったならば・・・」と考えるのは、無意味なことかもしれない。彼も、そういう仮定の話をを好まないだろう。だが、あえて、無意味を承知で、仮定の世界に想いを巡らしたかった。

プロサッカー選手の価値は、「どれだけサポーターに夢と希望を与えるかどうか」であると思う。そういう意味で、彼は、パーフェクトな選手だった。


日本サッカーの重鎮である武藤文雄さんは、かつて、自身のサイトである「武藤文雄のサッカー講釈」の中で、小倉隆史について、このように語っておられる。武藤文雄さんの言葉がすべてを表しているのかもしれない。


小倉との再会 (2003年11月10日)

(略)

確かに小倉は凄かった。一緒に観戦していた友人は「バッジョみたいだ」と感心していた。なるほど、この日の小倉から漂う独特のオーラは、最近のバッジョを髣髴させた。私はむしろ、左利きである事、射程距離が数十mと長い事から、晩年のハジを思い出したのだが。かほど、小倉の存在感は際立っていた。

しかし、思い出したのが「最近の」バッジョであり「晩年の」ハジだと言う事に、私は無念さを禁じえない。小倉が好いプレイを見せれば見せるほど「ああ、若い頃に大きな怪我に悩まされなければ」との思いがつのったのだ。そして、この逸材が本当の意味でベストフォームを掴む事ができなかった事実を呪う。負傷さえなければ、小倉は「90年代初頭から半ば(つまり全盛期)のバッジョやハジ」をも思い出させるプレイを見せられる素材だったのではないだろうか。

私は日本代表のサポータとして、以前には予想だにしなかった幸福な10年間を過ごしてきた。しかし、この試合を見てより贅沢な想いを持った。小倉が相次ぐ負傷に襲われなければ、もっと多くの幸せを味わう事ができたのではないかと。

http://hsyf610muto.seesaa.net/article/32759749.html




関連リンク

『28年目のハーフタイム』(金子達仁・著) 『悲運のエース』 


四日市中央工から名古屋グランパスエイトに進んだ小倉は、西野朗監督が攻撃陣のリーダーとして大きな期待を寄せていた選手だった。

’94年まで、サッカーの年齢制限は欧米の新学期にあたる9月1日を境に決められていたため、7月6日生まれの小倉はユース代表にこそ入ることは出来なかったが、高校サッカー界では”レフティ・モンスター”とも呼ばれる文字通りの怪物的な存在だった。

高校3年生の時の全国選手権決勝では、残り時間わずかになったところで値千金の同点ヘッドをたたき込むなど、大舞台になればなるほど力を発揮するタイプの選手でもあり、高校時代から、小倉は日の丸のついたユニフォームに強い憧れを抱いていた。

オランダ留学を経験し、すでにA代表でゴールを決めていた小倉だったが、今まで指をくわえて眺めるしかなかった同世代の戦いに参加できる喜びは大きかった。陽気な性格と強烈なリーダーシップ、そして左足を駆使する変幻自在のプレーで、すぐさまオリンピック代表にとって欠かせない存在となった。


ところが、アジア最終予選の直前、開催地であるマレーシアに入ってからアクシデントが小倉を襲った。練習中、ヘディングで競り合った際の着地に失敗し、右ひざの靱帯を全断してしまうのである。

『やった瞬間ね、これですべて終わったんやって、すぐわかりました。僕、高校時代にも靱帯の怪我はやったことあったんですけど、その時とは痛みもひざの具合も、まるで違いましたから。ひざから下がね、内側にへっこんだっていうか、ただぶらさがっとるだけみたいな感じになって・・・。

あのときって、僕にとって生涯最高に近いコンディションやったんです。ずっと前から身体は作ってきとったし、気持ちの高ぶりも凄かった。自分が自分を越えられるような、そんな予感しとったんです。それが・・・。あかん、これでオリンピックには間に合わへんって思った瞬間、芝殴ってました。殴りながら、神様おるんか、俺、何かしましたかって叫んでました。』

医者の診断は全治6ヶ月、予想通り、小倉の怪我は重傷だった。オランダ留学中、彼のもとにはオランダ・リーグ1部の強豪からもオファーが来ていた。そうした誘いをことごとく断り、あえてレベルの低いJリーグへ戻ってきたのは、すべてオリンピックのためだった。突如として夢を断ち切られた夜、小倉はこらえきれずに涙したという。チームスタッフも、医者も、看護婦も、誰もいなくなってから、真っ暗な部屋で号泣したという。

http://www.fuka.info.waseda.ac.jp/~sado/ogucoment.html




Number”473 7/1 (文・金子達仁) 『忘れられない彼』


「いまね、昔の写真を整理してて、この先使いそうもないカットなんかは捨てちゃってるんだけど、どうしても捨てられないんだよね、あいつのは」

私はカメラマンではないが、もし自分が同じ立場だったとしたら、同じ悩みを抱え込んでいたに違いない。私にとっても、彼は忘れられない選手だった。高校時代に初めて見たときの衝撃は今も鮮烈に残っているし、ちょうど2年前の今頃、6時間にわたってインタビューをさせてもらった時は、つい感極まって涙がこぼれてしまった。私にとっても、特別な存在だったのだ。

「きついようやけど、ダメになっていく選手って、運不運はあるにせよ、その選手にも原因があるわけでしょ。でもね、アイツの場合はそれが当てはまらんのよ。俺の知ってる限り、アイツはあそこまで経験せなあかん理由ってないんだよね。なのに、何でか不運ばっかりが降りかかってくる-」

その通りだった。’96年2月、彼は選手生命にかかわるほどの大怪我をした。原因はデコボコのグラウンドにあった。しかし、そこでトレーニングしていた他の選手は、誰1人としてケガをしなかった。彼だけが、まるで魅入られたかのように呪われた陥没に足を突っ込んでしまった。それも1番衝撃の大きいヘディングからの着地の際に。

いったい何が悪かったというのだろう。プロのサッカー選手である以上、サッカーが好きなのは当然としても、彼は、他の誰にも負けないぐらいサッカーを愛していた。突如として降りかかった不運に対しても、前向きに立ち向かった。ともすれば自暴自棄になってもおかしくないような状況にありながら、彼は避けに逃げることもせず、苦しいリハビリにも手を抜くことなく取り組んだ。仮にケガをしたのが単なる不運によるものでなく、彼にいくばくかの責任があったのだとしても、つまり「ケガに偶然のケガなし」なのだとしても、それを取り返すだけのことはやってきたと私は思う。

高校時代の彼は、話をしてるだけで笑みが浮かんでしまうような、本当に天真爛漫な少年だった。ケガをした後に会った彼は、すっかり大人び、しっかりとした口調で自分の考えを話す青年になっていた。その変化の課程にあったであろう苦悩に思いを馳せたとき、私は思わず涙してしまったのだ。

苦労が人を成長させるというのならば、彼はもう、十分すぎるぐらい成長している。度重なる不運は、後の大いなる栄光を生むための試練だったのだと実感できる日が来て欲しい。

曲がりなりにもサッカーを批評する仕事をしている以上、他の選手にこんなことは言えない。しかし、他の選手とならないほどの地獄をくぐってきた彼にだけには、エールをおくらせてほしい。

頑張れ、小倉隆史。

http://www.fuka.info.waseda.ac.jp/~sado/ogucoment.html




   


関連エントリー

 2006/02/10  小倉隆史 レフティーモンスターがピッチを去る日
 2007/01/12  J史上最も魅力的なチーム
 2008/01/28  城彰二選手 引退試合 (生観戦記 #1)
 2009/12/18  【書評】 前園真聖のあまり知られていないキャリアの後半戦
 2010/01/09  「わたし」が好きだったJリーガー
 2011/06/26  中田英寿のいた18年前のU-17世界選手権
 2013/11/05  個人別エントリー (小倉隆史)
 2013/11/05  個人別エントリー (前園真聖)




おすすめエントリー (10記事)

コメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2016/08/02(火) 15:20:22 | |   [編集]
 
松波の帝京との決勝戦以来ずっと
ワクワクさせてもらっていたが
怪我で遂にはキャリアを棒にふったね
2012/06/11(月) 09:56:24 | URL |    [編集]
ピッチに立っているだけで、彼が只者ではないことが分かるほどのオーラを発していた。

サッカー部だった私の憧れは、プロの選手ではなく、ひとつ年下の小倉だった。

アトランタはメンバーも出場決定の過程も素晴らしかっただけに、五輪でのプレーが見たかった。
2012/02/05(日) 14:47:33 | URL | デヤス  [編集]
三十路の三重県民です。
四中工がもうすぐ三羽がらすの偉業に挑みます。
20年前サッカー少年だった私を含め私の友達はもちろん全員オグのファンでした。あの頃を懐かしみ小倉隆史を検索していたらここにたどり着きました。
日本サッカー界の「if」でやっぱり一番はオグが怪我をしていなかったら。
もし怪我をせず、エールディヴィジに居残っていたらどうなっていたかみんなで延々と話し合ったものです。
とってもテンションがあがってしまったものでコメントしてしまいました。
素敵な記事をどうもありがとうございます。
2012/01/09(月) 13:02:34 | URL | 三重県民  [編集]
小倉をスパサカで見れなくなってしまって悲しい
(新スパサカは関東ローカル?)
2010/04/05(月) 13:38:54 | URL | 虱  [編集]
小倉選手、天皇杯決勝での2ゴールの大活躍、しかしNHKのヒーローインタビューを受けていて、グランパスの集合写真に1人だけ写らなかったんですよ。
そうしたら、そのあとにこの大ケガ、当時のアーセン・ベンゲル監督も大ショックだったことを覚えています。
でも、ケガから復帰して、次の天皇杯準決勝、横浜での清水エスパルス戦の途中出場での同点ゴール、鳥肌モノでした。
2009/11/03(火) 17:08:22 | URL | まっちゃ  [編集]
四日市中央工のころからリアルタイムで見てました。この子は絶対日本代表に入ってくることは素人ながらも確信してました。そのくらい強烈に凄かったのを覚えています。

もしも怪我してなかったら・・・。想像すると楽しいやら悲しいやら。大好きな選手でした。
2009/10/28(水) 00:33:30 | URL | jonio  [編集]
>>> 名古屋サポさん

どうもコメントありがとうございます。小倉が怪我をしなかったら、日本のサッカーシーンは大きく変わっていたでしょうね。もっと輝いたかもしれません。想像でしかありませんが・・・。彼のようなプレーもハートも大きいストライカーが現れることを期待します。
2008/11/01(土) 08:29:19 | URL | じじ  [編集]
自分はリアルタイムでは活躍を見れなかった世代ですが、スパサカでの姿を見てこれを読むとちょっとウルッと来てしまいます。小倉が怪我をしていなかったら名古屋はどうなっていたのか、五輪代表は?そう考えるとワクワクすると共に少し悲しくなりますね。
2008/10/31(金) 08:11:25 | URL | 名古屋サポ  [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


02月20日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

02月20日
【J1】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:520名)

02月20日
【J2】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:214名)

02月20日
【J3】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:58名)


02月20日
【史上最攻シンドローム】 勝負の1年に挑むコンサドーレ札幌

02月20日
【J1】 2018年の得点王は誰だろうか?~本命はFWジョー(名古屋グランパス)か?~

02月20日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (1位-9位)

02月19日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (10位-18位)

02月19日
【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-11位)

02月19日
【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (12位-22位)

02月18日
【ACL】 済州ユナイテッドの度重なるラフプレーにドン引きした件。 (vs セレッソ大阪)

02月18日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-6位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (7位-12位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (13位-18位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (後編)

02月16日
【年俸比較】 「プロ野球選手は高給取り、Jリーガーは薄給」というイメージはもうすぐ古くなる。

02月16日
【最初の10試合は低調】 クルピ監督に対するセレッソ大阪のサポーターの見解は事実か?嘘か?

02月16日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (FC東京・湘南・清水・広島・磐田)

02月15日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (C大阪・G大阪・横浜FM・名古屋・神戸)

02月15日
【J1:順位予想】 躍進候補は名古屋・広島・浦和・FC東京あたり??? (2018年版)

02月15日
【J2:順位予想】 躍進候補は栃木SC・レノファ山口・ロアッソ熊本・ツエーゲン金沢あたり。 (2018年版)

02月14日
【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (前編)

02月14日
【ACL】 川崎フロンターレのベストな攻撃陣の組み合わせは?~中村憲剛・小林悠・大久保嘉人・齋藤学・阿部浩之・家長昭博etc.~

02月14日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その36)

02月14日
【ゼロックス】 福島孝一郎主審のPKのジャッジは妥当だったのか? (川崎F vs C大阪)

02月13日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (浦和レッズ・コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台・サガン鳥栖)

02月13日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (V・ファーレン長崎、柏レイソル、鹿島アントラーズ、川崎フロンターレ)

02月13日
【J2:順位予想】 過小評価されやすいV・ファーレン長崎・松本山雅・ギラヴァンツ北九州

02月12日
【J3:2018年の順位予想】 大本命はブ秋田。追うのは北九州・長野・鹿児島Uなど。

02月12日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (残留争い編)

02月12日
【J1:2018年の順位予想】 本命は川崎フロンターレか?鹿島アントラーズか?セレッソ大阪か?

02月11日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (躍進候補は?)

02月11日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (プレーオフ争い編)

02月11日
【Jリーグ】 日本テレビ系列のサッカーの扱い方(ACL含む)は酷すぎないか? (後編)

02月10日
【Jリーグ】 日本テレビ系列のサッカーの扱い方(ACL含む)は酷すぎないか? (前編)

02月10日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (自動昇格争い編)

02月10日
【J1】 2018年の全18クラブの総年俸を計算してみた。 (1位-9位)

02月09日
【J1】 2018年の全18クラブの総年俸を計算してみた。 (10位-18位)

02月09日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (残留争い編)

02月09日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (躍進候補は?)

02月08日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (上位争い編)

02月08日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (優勝争い編)

02月08日
【J1:順位予想】 過小評価されやすいサガン鳥栖・横浜Fマリノス・ベガルタ仙台・アルビレックス新潟

02月07日
【J1:順位予想】 過大評価されやすいガンバ大阪・FC東京・浦和レッズ・名古屋グランパス

02月07日
【J2】 22クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (上)

02月07日
【順位予想】 「横浜Fマリノスが過小評価されすぎている。」という話

02月06日
【日本代表】 MF香川真司(ドルトムント)の代表復帰はあり得るか?

02月06日
【日本代表】 DF内田篤人(鹿島アントラーズ)の代表復帰はあり得るか?

02月06日
【日本代表】 MF本田圭佑(パチューカ)の代表復帰はあり得るか?

02月05日
【J1】 18クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (後編)

02月05日
【J3】 17クラブの監督の中で「最初に解任されそうな監督」は誰だろうか?

02月05日
【J1】 18クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (前編)

02月04日
【J1】 18クラブの監督の中で「最初に解任されそうな監督」は誰だろうか?

02月04日
【J3】 オフの戦力補強の最終評価 (FC東京U-23・G大阪U-23・C大阪U-23) (2017年-2018年のオフ)

02月04日
【J2:2018年の順位予想】 3強が中心となる自動昇格争い。本命は大宮アルディージャか!?

02月03日
【タイ人ブームの到来】 Jリーグがアジア各国のスター選手が集まるリーグになったら・・・。

02月03日
【J3】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (1位~10位まで)

02月03日
【J1・J2・J3】 「獲得できたらお買い得」に思える契約満了になった選手(10名) (2018年版)

02月02日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その35)

02月02日
【J3】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (11位~20位まで)

02月02日
【J1】 「いい補強だ。」とは感じなかった今オフのJリーグの補強 (1位~10位まで)

02月01日
【J2】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (1位~10位まで)


02月01日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


最近のメルマ (15記事)

カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: