アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/10/15 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (GK編)
 2017/10/15 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (右SB編)
 2017/10/16 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (左SB編)
 2017/10/16 【U-17W杯:日本 vs ニューカレドニア】 散々な内容・・・。収穫はMF椿直起(横浜FMユース)のみ。
 2017/10/16 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (横浜マリノス編)
 2017/10/17 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを23人だけ挙げてみた。 (CB編)
 2017/10/17 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (栃木SC編)
 2017/10/17 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを32人だけ挙げてみた。 (ボランチ編)
 2017/10/18 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを42人だけ挙げてみた。 (アタッカー編)
 2017/10/18 【U-17W杯】 DF喜田陽(セレッソ大阪U-18)がPK失敗。ベスト8進出はならず。
 2017/10/18 【Jリーグ】 ザスパクサツ群馬のサポーターが出したSOSの横断幕について
 2017/10/19 【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (東京ヴェルディ編)
 2017/10/19 【ACL】 興ざめだった上海上港&FWフッキのマナー違反 (vs 浦和レッズ)
 2017/10/19 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (浦和レッズ編)

 2017/10/19 全記事一覧(2005年-2017年)


【千葉×東京V】 巻誠一郎という男 (生観戦記 #14) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

2008年9月14日(日) フクアリJ1第24節の観戦記


J1のジェフユナイテッド市原・千葉の前身である古河電気工業サッカー部は、日本サッカーリーグで2回、天皇杯全日本サッカー選手権大会で4回、JSLカップで3回の優勝を飾った日本を代表するサッカークラブであった。

このクラブは、元日本サッカー協会会長の長沼健氏、全日本サッカー協会会長の川淵三郎氏、ドイツのブンデスリーガで活躍した奥寺康彦氏、元日本代表戦士で現日本代表監督の岡田武史氏ら数多くの名選手を輩出し、彼らは現役を引退した後も日本サッカー界に強い影響力を持っており、良くも悪くも、日本サッカー界をリードしてきた。

 #1 フクアリ前①


 #2 スタジアム周辺


80年代後半になると、日本サッカーにもプロ化の波が押し寄せてくる。経営的にも、古河電工単独でのプロクラブ化は難しかったという側面もあって、1991年に古河電工と取引関係にあったJR東日本と合弁し「東日本JR古河FC」が誕生。クラブ名の「JEF」は、母体となった「JR East(=JR東日本)」と「Furukawa(=古河)」の頭文字から生まれた言葉である。

1993年のJリーグが開幕。ジェフ市原は西ドイツ代表のMFピエール・リトバルスキーらが在籍するも、観客動員と成績の両面で長らく苦戦を強いられる。転機となったのは、2003年にイビチャ・オシム氏が監督に就任したことである。オシム体制で3年目となる2005年シーズンには、チーム史上初タイトルとなるナビスコカップを獲得。翌2006年にもナビスコカップを制し、2連覇を達成。2005年がこけら落としとなったフクダ電子アリーナ(フクアリ)の誕生と相まって、チームは最高期を迎えた。

 #3 マスロバル選手(背番号7)


日本サッカーの歴史を顧みても、このチームが「常勝チーム」であった時期はほとんどなく、「ジェフ(古河)は、数年に一度、勢いづいて優勝争いに参加するクラブ」というのが、リーグ内でのポジションである。ただし、現在のところ、日本リーグ、Jリーグを通じて1度も下部リーグに降格したことのない唯一のクラブチームであり、常に、小結的な番付けで、日本サッカーの発展を一翼を担ってきた。これは、誇れるものである。


そのクラブが、今シーズン、降格の危機に陥っている。シーズン前に、フロントとの行き違いもあって、日本代表のMF羽生直剛、MF山岸智、MF佐藤勇人、DF水本裕貴が他クラブに移籍し、五輪代表だったMF水野晃樹はスコットランドリーグのセルティックに旅立っていった。案の定、2008年シーズンは、開幕11試合で2分け11敗と低迷。ヨジップ・クゼ新監督は解任された。

 #4 スタジアムの裏の敷地①


そのジェフ千葉のホームスタジアムがフクダ電子アリーナ(通称:フクアリ)である。前述のように、2005年に完成したサッカー専用のスタジアムである。収容人数は19,781人。最寄りの蘇我駅は東京駅からは最速で約33分と都内からのアクセスも良好。蘇我駅から徒歩で10分の位置にスタジアムがそびえ立つ。

このスタジアムは、従来の「総合運動公園の中心」という位置付けとは異なり、スタジアムの周辺に商業施設や居住地域も存在する「街の中のスタジアム」を実現した点で注目に値する。蘇我駅周辺の再開発事業と相まって、フクアリ周辺は急速に開発が進んでいて、近未来の新しいスタジアム像を描き出すことになった。

 #5 ジェフ千葉のバスが到着


2002年のワールドカップを前に、日本全国に幾つものサッカースタジアムが誕生したが、フクアリは「After 2002」に生まれた新世代のスタジアムであり、建設ラッシュの時期に建てられたスタジアムの建設・運営から得られた反省が生かされており、日本を代表するスタジアムの1つとなっている。

各スタジアムといっても、一様では無いが、例えば、清水エスパルスのホームスタジアムである日本平やジュビロ磐田のホームスタジアムであるヤマハスタジアムは、サッカー処ということもあって、年季の入った熟年サポーターが多い。日本一熱いと言われる浦和レッズのサポーターは、30代あたりの働き盛りのエネルギッシュなサポーターが多く、阪神タイガースが幅を利かせる関西地区をホームとするガンバ大阪の万博競技場には、サラリーマン風のサポーターよりも圧倒的にちびっ子サポーターが多い。千差万別である。

ここで、改めて、フクアリのサポーター層を考えてみると、どちらかというと、20代中盤あたりの若者が多いのに気が付く。女性サポーターの多いのも、フクアリの特徴かもしれない。

 #6 残留の白い横断幕


クゼ監督の後任として、アレックス・ミラー監督を迎えた千葉は、J1第23節を終了して17位のジェフ千葉。大事な終盤戦に差し掛かる時期のホームゲーム。何としても勝ち点「3」が欲しい。この試合のジェフのゴール裏に掲げられた横断幕は、「残留」と大きく書かれたものただ1つだけ。「Win by all」のメッセージを胸に、クラブとクラブにかかわる全ての人のために勝利を目指す。

 #7 東京ヴェルディのサポーター①


 #8 スタジアムの風景(17:37)


自動降格を免れるために、とにかく16位よりも順位を上にしなければならないジェフ千葉。23節までで、16位のジュビロ磐田との差は「8」。残りが11試合ということを考えると、決して簡単な数字では無いが、まだ諦めるような数字でもない。先を見過ぎても仕方がないので、1試合1試合、勝ち点を重ねていくしかない。

この日は、敬老の日の前日。3連休の中間の日ということもあって、ジェフサポーターの出足は早い。キックオフが19:00にもかからわず、何時間も前から、スタジアムに駆けつけて、雰囲気を盛り上げる。17:18に黄色いジェフサポーターの大歓声の中、ジェフ千葉の選手たちがスタジアムに到着。そして、すぐにゴール裏で待つサポーターにスーツ姿のままで挨拶を行う。

 #9 アウェーチームのゴール裏


 #10 スタジアムの風景(17:55)


 #11 那須大亮(背番号5)


 #12 東京ヴェルディのサポーター②


試合開始45分前になると、いよいよ、選手たちがピッチ上でウオームアップを開始。対戦相手の東京ヴェルディは、DF服部年宏、DF土屋征夫、GK土肥洋一ら経験豊富なベテラン揃い。キーププレーヤーは、ここまで8ゴールを挙げているMFディエゴ。試合前の選手紹介でジェフサポーターからもっとも大きなブーイングを浴びたのが、2年ぶりに日本代表に復帰したFW大黒将志。もっとも相手サポーターに恐れられている選手に一番大きなブーイングが浴びせられるのは、常である。

2年ぶりにJ1に復帰した東京ヴェルディ。FWフッキ騒動で雑音に悩まされる時期もあったが、23節までで勝ち点「31」。ここまで9位とまずまずの結果を残している。下位に沈むジェフ千葉に勝利できれば、さらに上の順位も見えてくる。

 #13 チアリーディング


 #14 スタジアムの風景(18:03)


 #15 ちびっ子サポーター


 #16 スタジアムの風景(18:05)


 #17 スタジアムの風景(18:15)


 #18 スタジアムの裏の敷地②


次第に暮れていく夕日が、決戦のムードを盛り上げる。

 #19 メインスタンド裏の通路


 #20 土肥洋一(背番号1)


 #21 レイナウド(背番号10)


 #22 ディエゴ(背番号10)


 #23 ヴェルディのウォーミングアップ風景


アウェーの東京ヴェルディは、MF福西崇史が出場停止。MF菅原智、MF富沢清太郎が怪我のためベンチ外。DF萩村滋則とDF土屋征夫のセンターバックコンビで、MF那須大亮を1ボランチで起用。右サイドにMF柴崎晃誠、左サイドにMFレアンドロ。FW飯尾一慶とFW大黒将志の2トップ。

   GK 土肥洋一
  DF 和田拓三
   DF 萩村滋則
  DF 土屋征夫
   DF 服部年宏
   MF レアンドロ
   MF 那須大亮
   MF 柴崎晃誠
   MF ディエゴ
   FW 飯尾一慶
  FW 大黒将志

 #24 ジェフのウォーミングアップ風景


ホームのジェフ千葉は、8月25日に名古屋グランパスから加入したMF深井正樹がいきなりスタメン出場。MFミシェウは怪我のためベンチ入りできなかったが、MF谷澤達也がスタメン復帰。FW巻誠一郎の1トップで、MF新居辰基がトップ下に入る。MF工藤浩平がベンチスタートとなった。

  GK 岡本昌弘
  DF 坂本將貴
  DF 池田昇平
  DF 青木良太
  DF ボスナー
  MF 谷澤達也
  MF 下村東美
   MF 深井正樹
   MF 新居辰基
   MF 戸田和幸
   FW 巻誠一郎

 #25 ヴェルディのスタメン


 #26 巻誠一郎(背番号18)


 #27 新居辰基(背番号11)


 #28 深井正樹(背番号36)


 #29 スタジアムの風景(18:57)


 #30 ジェフイレブンの円陣①


 #31 ジェフイレブンの円陣②


前半から攻め込んだのはアウェーの東京ヴェルディ。MFディエゴの類まれなキープ力を生かし、左サイドを制圧。MFディエゴを起点に、左サイドバックのベテランDF服部年宏が効果的なオーバーラップを見せて、ホームチームを押し込む。中盤のやや下がり目に入ったMF柴崎晃誠の高度なテクニックも光り、黄金時代を思わせるパスワークを随所に披露した。

一方の千葉は、右サイドのMF深井正樹とMF谷澤達也が積極的な仕掛けから個人技を見せるが、それも単発に終わる。次第にボールを支配されるようになって、DFラインが下がり目になってしまう最悪の展開。マークのずれも目立ち、前半を0対0で終えられたのは幸運だった。

 #32 スタジアムの風景(19:46)


 #33 ヴェルディのイレブン


リズムの悪い千葉は後半開始からMF工藤浩平を投入。交代選手としては、MF新居辰基、MF深井正樹、MF戸田和幸の3人が考えられたが、ミラー監督の決断は、MF戸田和幸とのチェンジ。MF工藤浩平をボランチに起用して、ボール支配力を高める戦法に賭けた。

その効果はすぐに表れる。後半4分に、MF谷澤達也が右サイドのスペースに走りこんだMF工藤浩平にロビングのパスを送ると、MF工藤浩平がサイドを突破。そのまま、タイミングよく中央にクロスボールを上げると、FW巻誠一郎がDF和田拓三のマークをものともせず、ダイビングヘッドで叩き込んで千葉が先制する。このゴールが、その後の展開を大きく左右することになった。

リードを奪った千葉は、ヒートアップするスタンドの後押しを背に、勢いを増す。MF谷澤達也のドリブルが効果的で、左サイドバックのDF青木良太のオーバーラップも威力を発揮する。後半23分には、DF萩村滋則に倒されたFW巻誠一郎がペナルティーキックをゲット。MF深井正樹が冷静に決めて追加点を挙げる。後半24分には、再び、FW巻誠一郎がDF萩村滋則のファールを誘ってレッドカードを誘発。

2点ビハインドの東京ヴェルディは、MF広山望、FW平本一樹を投入し、ゴールを目指すが不発。そのまま、千葉が勝ち点「3」をゲットし、16位のジュビロ磐田との差を「5」に縮めることに成功。可能性の広がる勝利となった。

 #34 ヒーローの2人


 #35 歓喜のイレブン


リズムを変えたのは、やはりMF工藤浩平。前半は、東京ヴェルディのMF柴崎晃誠が試合をコントロールし、東京ヴェルディ優勢で進んだが、MF工藤浩平の投入で一変した。ここ数試合の出来から考えると、スタメンを外れたこと采配自体がやや疑問であったが、出来の悪かった前半を終えて、ゲームの行方を変えられるだけの選手がベンチに控えていたことは幸運だった。

前半の千葉は、MF戸田和幸とMF下村東美のダブルボランチ。ともに守備力には定評があって、つなぎのパスも悪くないが、やはり、密集したエリアでボールを扱うのは得意とはしておらず、相手に囲まれてしまうと、バックパスをするか、前方に蹴り出すことしか出来なかったが、MF工藤浩平の場合は、テクニックで相手をいなしたり、フェイントで相手の逆を突いて、前線に効果的なパスを送り出すことができる。

後半4分のFW巻誠一郎のゴールの場面では、逆にパスの受け手となって、サイドを切り裂いてアシストを記録。アレックス・ミラー監督も、MF工藤浩平の貢献度の高さを評価していた。守備力を考えると、MF下村東美のパートナーにMF戸田和幸やMF斉藤大輔を起用することも考えられるが、今後、勝ち点「3」の欲しい試合では、先発からMF工藤浩平をボランチで起用することも大いに考えられる。

千葉はこの試合から復帰の可能性もあったMFミシェウ抜きの布陣で勝利を得たことが大きい。MFミシェウは次節からの復帰が濃厚と言われており、無理をすればこの試合の出場も可能だったのではないかと思われるが、我慢をしてベンチからも外してきた。1つの賭けではあったが、勝利をつかんだことでこの賭けに成功したと言える。

 #36 深井のインタビュー


 #37 ゴール裏のサポーターに挨拶


MF深井正樹やMF谷澤達也といった選手が光るプレーを見せたものの、やはり、以前として、MFミシェウにかかる期待は大きく、残留という目標を果たすにはMFミシェウの力は不可欠である。そのMFミシェウに無理をさせることなく、復帰までに1週間の猶予を与えて、慎重に「こと」を運んだ。この決断は、後々になって効いてくるかもしれない。

 #38 スタジアムの風景(21:03)


対する東京ヴェルディとしては、前半にノーゴールに終わったことが響いた。前半のシュート数は「10-3」と圧倒していて、MFディエゴらのミドルシュートを中心に何度も千葉のゴールに迫ったが、あと一歩、ゴールには結び付かなかった。前半21分には、FW大黒のヘディングシュートがポストを叩いたが、このシュートが決まっていれば、東京ヴェルディの圧勝もあり得た。そのくらい前半の東京ヴェルディのサッカーは内容的にも良かったし、質も高かった。

攻撃の中心になったのは、トップ下のMFディエゴ。184cmでがっちりした体格のMFディエゴは、少々のマークはものともしない強さを備える。左足を駆使した繊細なテクニックも十分で、1人で局面を打開することもできるし、上手く周りを生かすことも出来る。以前、チームに所属したFWフッキも独力で相手ディフェンスに迫れるだけの個人技を持っていたが、彼の頭の中にパスの選択肢はほとんどない。したがって、FWフッキを相手にするときは、相手チームはFWフッキのドリブルとシュートだけを警戒すれば何とか対処できるが、MFディエゴを相手にするときは、そう単純にはいかない。

前半の千葉は、プレスを掛けようとしてもMFディエゴにボールが渡ると2人・3人でボールを奪いに行っても奪回することが難しく、時間が経つにつれて、プレッシャーをかけられなくなって、守備面で破綻をきたしていった。

 #39 スタジアムの風景(21:07)


後半は千葉のMF工藤浩平に中盤を支配されることになったが、前半は東京ヴェルディのMF柴崎晃誠がオーガナイザーとして素晴らしい働きを見せた。1ボランチのMF那須大亮をサポートすべく中盤の右サイドに入ったMF柴崎晃誠は、正確なダイレクトパスとキープ力で巧みに中盤を構成した。

東京ヴェルディというと、ベテランとブラジル人選手の組み合わせで主力が構成されており、若手選手になかなか出番が回ってこないことが多いが、1984年生まれのMF柴崎晃誠は新時代のチームの軸になりうる。

 #40 試合後のスタジアム(21:13)


後半は失速したものの、前半の東京ヴェルディのサッカーは、確かに黄金時代の「読売のサッカー」の片りんを見せた。当然のことながら、MFラモス瑠偉、FW三浦知良、FW武田修宏、MF北澤豪といった黄金戦士はチームには残っておらず、FW平本一樹やFW飯尾一慶らユース育ちの選手が何人かは控えているが、つながりは太くは無い。ただ、これが「伝統」というものなのか、あの強引なまでに中央突破にこだわる独特のスタイルを継承しているのはヴェルディのみであり、時々、ハッとするような連携を見せる。

23節の浦和レッズ戦のMFディエゴの中央突破からの美しいゴールはその典型であったが、MFディエゴやFW大黒将志といった選手までもが、ヴェルディ色を受け継いでいる。柱谷哲二監督が特別、黄金期のヴェルディのサッカーにこだわっているとは思えないが、随所にノスタルジーを感じさせる。それが緑色のユニフォームの持つ魔力なのだろうか?

 #41 試合後のスタジアム(21:15)


この試合は両チームともに激しい闘志を見せた好ゲームとなったが、主役はFW巻誠一郎だった。値千金の先制ゴール、2点目のMF深井正樹のゴールにつながるPKゲット、相手DF萩村滋則を退場に追い込むファールゲットと、獅子奮迅の活躍を見せた。この試合のヘディングゴールで今シーズンは8ゴール目。チームのトップスコアラーとして多大な貢献を見せているが、やはり、彼の活躍は、ゴール数からだけでは判断できない。

やはりというべきか、フクアリには「背番号18」のユニフォームを着たサポーターが一番多い。FW巻誠一郎は決して華やかな選手では無いし、スター選手では無い。華麗さとは無縁の選手であり、荒さも目立つ。ただ、彼のプレーには、確かに、見るものに訴えるかけるものがある。常に全力プレーでチームを引っ張る姿勢、怪我を恐れることなくゴール前に頭から飛び込んでいく勇気・・・。観衆が真にスタジアムで求めるのは何なのか?巻誠一郎のプレーには、その答えがつまっている。

シーズン前に代表選手5人がチームから離脱する中、唯一、ジェフ残留を決意をした巻誠一郎。その無骨な生き方は時にマイナスに働くこともあるが、彼ほど、サポーターの思いをピッチ上でストレートに表現してくれる選手は少ない。だから、サポーターは巻誠一郎をサポートし続ける。

 #42 試合後のスタジアム(21:42)


 #43 試合後のスタジアム(21:45)



【ジェフ千葉:採点】:

GK-岡本昌弘 : 6.0

  → 相手のロングボールに対して同じようなタイミングで飛び出して、同じように十分なクリアが出来ないなど、不安定な面もあったが、キャッチングは安定していた。正ゴールキーパーに定着したことで、少し落ち着きが見られるようになってきた。


DF-坂本將貴 : 5.5

  → 前半は新加入のMF深井正樹とのコンビネーションが悪く、相手の左サイドを止めきれなかった。後半に入ると、チームのリズムが良くなったこともあって、徐々に攻撃にも参加できるようになった。ただボールを持った時に慌てるシーンが多く、簡単に前に蹴り出してしまうのはマイナス。


DF-池田昇平 : 6.0

  → MFディエゴやFW平本一樹といった突破力のある選手に対して、安易に飛びこまずに冷静に対処した。守備面では高いパフォーマンスを見せたが、攻撃ではビルドアップでミスが多く、うまく攻撃につなげられなかった。


DF-ボスナー : 6.5

  → 相手が高さを警戒していたのかロングボールは少なく、空中戦で力を発揮するシーンは少なかったが、その分、地上戦で威力を発揮した。リーチの長さは脅威的で、フェアなタックルが光る。


DF-青木良太 : 7.0

  → 前半は今一つだったが、後半に入るとMF谷澤達也との連携で左サイドを制圧した。持ち味の守備力に加えて思い切りのいい攻撃参加が効果的で、左サイドバックの選手らしくなってきた。


MF-戸田和幸 : 5.0

  → 前半はバランス取りに終始し、持ち味のタフなディフェンスは見せられなかった。前半のみの交代でも致し方なし。


MF-下村東美 : 5.5

  → 前半は判断の遅さからピンチを招くシーンもあったが、後半はMF工藤浩平をサポートして、中盤の主導権を奪い返した。


MF-深井正樹 : 6.5

  → 初出場で初ゴール。前半は守備で苦戦したが、攻撃では得意のドリブル突破とシュートで攻撃を活性化させる。ビッグチャンスにはつながらなかったが、右サイドからダイアゴナルに走りこんでゴール前に侵入するプレーは、大きな可能性を感じさせた。


MF-谷澤達也 : 6.5

  → 高いキープ力で攻撃の軸となった。後半は左サイドバックのDF青木良太を生かしきって、サイド攻撃に厚みを加えた。ラストパスの精度を欠いたのは残念だったが、動きは良かった。


MF-新居辰基 : 4.5

  → トップ下に近いポジションで出場。なかなかボールを保持できず、ゴール前でも仕事が出来なかった。体のキレも良くなさそうで、今後に不安の残る試合となった。


FW-巻誠一郎 : 7.5

  → 見事なダイビングヘッドで貴重な先制ゴールをマーク。


(途中出場)-MF工藤浩平 : 7.0

  → 後半開始から出場。期待通りの働きでチームを躍動させた。FW巻誠一郎へのクロスは完璧で、鋭い飛び出しも見事だった。


(途中出場)-FWレイナウド : 6.0

  → 後半15分から出場。珍しくタフなプレーで守備にも貢献した。


(途中出場)-DF斎藤大輔 : 採点なし。

  → 後半44分から出場。



【東京ヴェルディ:採点】:


GK-土肥洋一 : 5.5

  → 1失点目は致し方なし。PKシーンはうまくDF萩村と連携が取れていれば、イージーで処理できたかもしれない。ただ、決定的な3失点目は許さず、安定感はあった。


DF-和田拓三 : 5.0

  → 試合を通してうまく中盤に絡めなかった。後半は相手の左サイドへの対応で後手を踏んだ。


DF-萩村滋則 : 3.5

  → 安易なファールで痛恨のPKを取られると、さらに後半24分にFW巻へのタックルでレッドカード。擁護出来ない決定的なミスが続いた。


DF-土屋征夫 : 5.5

  → コンディション不良なのか、余裕のないプレーに終始した。三方との連携も今一つで、メンタル面も不安定だった。


DF-服部年宏 : 7.0

  → MFディエゴやMF柴崎との素晴らしい連携で前半は完全にサイドを制圧。クロスの精度も高く、申し分のない出来だった。


MF-那須大亮 : 5.5

  → チーム事情もあってボランチでプレー。MF柴崎とのコンビネーションもよく、前半はチームに落ち着きをもたらしたが、後半はマークミスが増えた。


MF-柴崎晃誠 : 6.0

  → 抜群のキープ力とテクニックとアイディアで前半はゲームをコントロール。素晴らしい出来だったが、後半は失速した。


MF-レアンドロ : 4.5

  → 周りとかみ合っておらず、本来のプレーは出来なかった。2失点目は彼のパスミスから生まれた。


MF-ディエゴ : 6.0

  → 前半はアンストッパブル。高いキープと強引な突破でシュートチャンスを生み出した。ただ、決定機に確実に決めたかった。


FW-大黒将志 : 5.5

  → 見事なボールの引き出し方でボールを受けて、チャンスシーンを演出。ゴールは無かったが、動きは悪くなかった。


FW-飯尾一慶 : 5.5

  → 進出奇抜な動きで相手チームをかく乱し、前半の多くのチャンスに絡んだ。


(途中出場)-MF廣山望 : 5.5

  → 後半22分から出場。古巣相手にいいプレーを見せたかったが、悪い流れを変えられなかった。


(途中出場)-FW福田健介 : 採点なし。

  → 後半29分から出場。DF萩村の退場に伴うシフトチェンジで起用された。


(途中出場)-FW平本一樹 : 5.5

  → 後半35分から出場。果敢な突破を見せたが、決定機は作れなかった。




おすすめエントリー (10記事)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


10月19日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

10月19日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (浦和レッズ編)

10月19日
【ACL】 興ざめだった上海上港&FWフッキのマナー違反 (vs 浦和レッズ)

10月19日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (東京ヴェルディ編)

10月18日
【Jリーグ】 ザスパクサツ群馬のサポーターが出したSOSの横断幕について

10月18日
【U-17W杯】 DF喜田陽(セレッソ大阪U-18)がPK失敗。ベスト8進出はならず。

10月18日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを42人だけ挙げてみた。 (アタッカー編)

10月17日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを32人だけ挙げてみた。 (ボランチ編)

10月17日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (栃木SC編)

10月17日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを23人だけ挙げてみた。 (CB編)

10月16日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (横浜マリノス編)

10月16日
【U-17W杯:日本 vs ニューカレドニア】 散々な内容・・・。収穫はMF椿直起(横浜FMユース)のみ。

10月16日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (左SB編)

10月15日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (右SB編)

10月15日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (GK編)

10月14日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (コンサドーレ札幌編)

10月14日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (アルビレックス新潟編)

10月13日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ガンバ大阪編)

10月13日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (V・ファーレン長崎編)

10月13日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (アビスパ福岡編)

10月12日
【サッカー】 フジテレビ系列は解説者の清水秀彦さんをいつになったら諦めるのか・・・。

10月12日
【U-17W杯:日本 vs フランス】 スコアは僅差だったが・・・。苦手とするフランスに完敗。

10月12日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ザスパクサツ群馬編)

10月11日
【投票:U-17W杯】 vs フランス戦(2戦目)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月11日
【日本代表】 DF槙野智章のスタメン起用は(流行りの)排除のためだったのか? (vs ハイチ)

10月11日
【国際親善試合:日本 vs ハイチ】 大きな戦力になり得る187センチのFW杉本健勇(セレッソ大阪)

10月10日
【国際親善試合】 ハイチ戦(H)の日本代表プレーヤーを採点しよう。

10月10日
【投票:親善試合】 vs ハイチ戦(H)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月10日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ツエーゲン金沢編)

10月10日
【U-17日本代表】 DF菅原由勢(名古屋U18)は「日本サッカー史上最高の右SB」になれるか?

10月10日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ファジアーノ岡山編)

10月09日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (名古屋グランパス編)

10月09日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (愛媛FC編)

10月09日
【U-17W杯】 圧巻のゴールラッシュ!!!MF中村敬斗(三菱養和SCユース)はハットトリック達成!!!

10月08日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (モンテディオ山形編)

10月08日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ジェフ千葉編)

10月07日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (徳島ヴォルティス編)

10月07日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (湘南ベルマーレ編)

10月07日
【国際親善試合:日本 vs ニュージーランド】 大きな存在感を発揮したプラチナ世代のMF小林祐希

10月06日
【国際親善試合】 ニュージーランド戦(H)の日本代表プレーヤーを採点しよう。 (2017年10月6日)

10月06日
【投票:親善試合】 vs ニュージーランド戦(H)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月06日
【移籍市場】 ヴィッセル神戸は「Jリーグの嫌われ者」になる覚悟はあるのか?

10月05日
【日本代表】 2022年のカタールW杯での活躍が期待される日本人選手 (1位-10位) (フォワード編)~2位:FW鈴木優磨、1位:FW久保裕也~

10月05日
J3初観戦に想う。 (ブラウブリッツ秋田 vs ガンバ大阪U-23@あきぎんスタジアム)

10月05日
【J3】 自動昇格争いの展望 ~有利なのは栃木SC、ダークホースは鹿児島ユナイテッド~

10月04日
【サッカー】 いい解説者になれそうな現役選手 (1位-10位)~5位:遠藤保仁、4位:小野伸二、3位:岩政大樹、2位:中村俊輔、1位は・・・~

10月04日
【J3】 元日本代表の森岡隆三監督(ガイナーレ鳥取)は指導者としては無能なのか?

10月04日
【J3】 元日本代表の宮本恒靖監督(ガンバ大阪U-23)は指導者としては無能なのか?

10月03日
【サッカー】 不人気なサッカー解説者 (1位-10位)~5位:セルジオ越後、4位:北澤豪、3位:清水秀彦、2位:武田修宏、1位は・・・~

10月03日
【サッカー】 人気のあるサッカー解説者 (1位-10位)~5位:岡田武史、4位:福西崇史、3位:戸田和幸、2位:名波浩、1位は・・・~

10月03日
【Jリーグ】 日本を代表するダービーマッチ (1位-10位) ~3位:静岡ダービー、2位:さいたまダービー、1位は・・・。~

10月02日
【J3】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手をあと10人だけ挙げてみた。

10月02日
【J3】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手を10人だけ挙げてみた。

10月02日
【J2】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手をあと10人だけ挙げてみた。

10月01日
【J2】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手を10人だけ挙げてみた。

10月01日
【J1】 2017年-2018年の移籍市場で去就が注目されるJリーガーをあと10人だけ挙げてみた。

10月01日
【J1】 2017年-2018年の移籍市場で去就が注目されるJリーガーを10人だけ挙げてみた。

09月30日
【Jリーグ】 「攻撃面での貢献度が高いキーパー」というと誰だろうか? (J1編・J2編・J3編)

09月30日
【J1】 残留争いの展望 ~対戦相手が厳しいのは広島と大宮、恵まれているのは清水~


09月28日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----岩上祐三 (14)
 -----江坂任 (9)
 -----大前元紀 (15)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----城福浩 (20)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----小泉慶 (12)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (22)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----風間宏希 (15)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----林陵平 (11)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----藤田祥史 (11)
 -----表原玄太 (8)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----ダヴィ (13)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 -----鈴木武蔵 (20)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----佐藤洸一 (15)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----永井龍 (21)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 -----庄司悦大 (18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----大黒将志 (23)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----喜山康平 (8)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----丸岡満 (11)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (5)
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 -----平繁龍一 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 -----山藤健太 (18)
 ├鹿児島ユナイテッド (5)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: