アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/10/12 【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ザスパクサツ群馬編)
 2017/10/12 【U-17W杯:日本 vs フランス】 スコアは僅差だったが・・・。苦手とするフランスに完敗。
 2017/10/12 【サッカー】 フジテレビ系列は解説者の清水秀彦さんをいつになったら諦めるのか・・・。
 2017/10/13 【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (アビスパ福岡編)
 2017/10/13 【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (V・ファーレン長崎編)
 2017/10/13 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ガンバ大阪編)
 2017/10/14 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (アルビレックス新潟編)
 2017/10/14 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (コンサドーレ札幌編)
 2017/10/14 【投票:U-17W杯】 vs ニューカレドニア戦(3戦目)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?
 2017/10/15 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (GK編)
 2017/10/15 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (右SB編)
 2017/10/16 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (左SB編)
 2017/10/16 【U-17W杯:日本 vs ニューカレドニア】 散々な内容・・・。収穫はMF椿直起(横浜FMユース)のみ。
 2017/10/16 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (横浜マリノス編)

 2017/10/16 全記事一覧(2005年-2017年)


【JFL:岡山×鳥取】 ファジアーノが羽ばたくとき (生観戦記 #10) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ JFLとは?

日本フットボールリーグは、1999年から始まった日本におけるサッカーリーグの1つで、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)と地域リーグの間に位置する。

日本のサッカーリーグのピラミッドの頂点に立つのは「Division1(J1)」。その下に「Division2(J2)」。レベル的には、そのもう1つ下に位置するのが、「JFL」である。

現在、JFLに所属するのは以下の18チーム。

その中で、Jリーグの準加盟クラブは「栃木SC」、「カターレ富山」、「ガイナーレ鳥取」、「ファジアーノ岡山」、「ニューウェーブ北九州」の5つ。J2に参入するためには、準加盟の申請をして理事会で承認を受けていなければならず、かつ、JFLで4位以内に入ったクラブのみが、J2参入の資格を得る。


  ・ 栃木SC(準加盟クラブ)
  ・ Honda FC
  ・ ファジアーノ岡山 (準加盟クラブ)
  ・ カターレ富山(準加盟クラブ)
  ・ 横河武蔵野FC
  ・ FC刈谷
  ・ ニューウェーブ北九州(準加盟クラブ)
  ・ ソニー仙台FC
  ・ ガイナーレ鳥取(準加盟クラブ)
  ・ 流通経済大学
  ・ SAGAWA SHIGA FC
  ・ MIOびわこ草津
  ・ TDK SC
  ・ 佐川印刷SC
  ・ FC琉球
  ・ ジェフリザーブズ
  ・ アルテ高崎
  ・ 三菱水島FC


JFLの大きな特徴として挙げられるのが、「Jリーグ入りを目指しているクラブ」と「Jリーグ入りを目指していないクラブ」が混在することである。流通経済大学は大学のクラブであるし、ジェフリザーブはJ1のジェフ千葉の下部組織のアマチュアクラブである。

一方で、昨シーズンのJFL王者の佐川急便サッカークラブ(現SAGAWA SHIGA FC)は、あくまでも企業スポーツの一環としての活動に留まっていて、戦力的にはJ2でも戦えるだけの力を備えているものの、J2参入の意思は無く、J2参入することは無い。したがって、今シーズンも、JFLの舞台で戦っている。

■ 初体験のJFL

少し前に、当サイトで、「気になる下部リーグのチームはどこですか?」というアンケートを設置した。途中経過の段階で、合計42票の投票がなされていたが、その結果、一番、多かった「ファジアーノ岡山」という岡山県のクラブであった。

正直に言うと、それまで、「ファジアーノ岡山」については、名前くらいしか知らなかった。が、いろいろと調べているうちに、このチームについての興味が湧いてきた。

JFLの順位表を見ていると上から3番目。J2参入の資格を持つ準加盟クラブで、昨シーズンの地域リーグ決勝で優勝し、今シーズンからJFLに昇格した新興クラブにもかかわらず、いきなり、ストレートでのJリーグ入りの可能性を持つ。

ホームスタジアムは、岡山市の桃太郎スタジアムで、平均観客動員はJFLトップレベルの3000人強。地元の盛り上がりは、相当のようである。

8月2日の土曜日の18:00キックオフのガーナーレ鳥取戦のホームゲームに向けて、西へと旅立つ。

  #1 JR岡山駅前
JR岡山駅


■ ファジアーノとは?

岡山県というと、まず思い出されるのが、「桃太郎」である。

「桃太郎」とは、いうまでもなく、桃から生まれた桃太郎が、お婆さんから黍団子(きびだんご)を貰って、イヌ、サル、キジを従えて、鬼ヶ島まで鬼を退治しに行く物語である。岡山市西部と総社市東部にまたがる地帯では、昔から桃太郎伝説のルーツともいうべき吉備津彦命(きびつひこのみこと)の鬼退治にまつわる説話が語り伝えられているらしい。

岡山駅前には「桃太郎」の銅像が建っていて、ファジアーノ岡山のホームスタジアムの名前は桃太郎スタジアム。岡山土産の定番はきび団子で、夏祭りは「ももたろう祭り」。そもそも、チーム名のファジアーノ(fagiano、ファジャーノ)は、イタリア語でキジ(雉)を意味する。まさしく、桃太郎三昧である。

  #2 ファジアーノ岡山のサポーター
ファジアーノ②


■ ガイナーレとは?

この日の対戦相手のガイナーレ鳥取。こちらも、準加盟クラブであるが、今シーズンもなかなか成績が上がらず、来季のJ2参入は厳しい情勢である。シーズン前は、元日本代表のDF小村徳男や横浜FCのMF吉野智行を獲得するなど、戦力アップに努めたが、思うような成果は上がっていない。

チーム名のガイナーレ(GAINARE)は島根県の東部から鳥取県の西部にかけての方言で、「おおきい」という意味の「がいな」と、イタリア語の「SPERARE(願う)」をもじったものである。

チームカラーは黄緑で、チームマスコットは言わずと知れたゲゲゲの鬼太郎の主人公の鬼太郎。原作者の水木しげる氏が鳥取県境港市出身で、クラブと提携している。

  #3 ガイナーレ鳥取のサポーター
ガイナーレ②


■ 桃太郎スタジアム

ファジアーノ岡山のホームスタジアムである桃太郎スタジアム(通称:ももスタ)は、JR岡山駅西口から岡山大学方面へ徒歩で約15分。市内の中心部にあるスタジアムである。約1kmという道のりは、アウェーサポーターにとっても、やさしい距離である。

この日の岡山駅周辺は、おかやま桃太郎まつり(第35回納涼花火大会)のため、大賑わい。花火大会は「19:30~21:00」で、ファジアーノの試合は18:00にキックオフ。幸か、不幸か、時間が重なってしまっている。

  #4 スタジアムへの道のり
スタジアム周辺①


  #5 人見絹枝さんの銅像
スタジアム周辺④


収容人数は約2万人。2005年の「おかやま国体」のために、2001年から2年間かけて全面的な改築を実施し、生まれ変わった。岡山県内では最大のスタジアムである。

アクセスは優れているが、もともと、プロサッカーの試合を行うことを想定していなかったようで、ゴール裏はほとんどスペースが確保されておらず、ファジアーノのサポーター集団は、バックスタンドに陣取る。

  #6 桃太郎スタジアム周辺
スタジアム周辺⑤


■ スタジアム内で・・・

土曜日のナイトゲーム。18:00キックオフということで、暑さも心配されたが、思っていたよりは涼しかった。「秋-春制」への移行が噂されるJリーグだが、夏場のナイトゲームは、やっぱり気持ちがいい。あまりにも気温が高いままだと選手たちは大変であるが、うちわを片手に、試合を観戦するのは夏場の醍醐味の1つである。

この日、スタジアム内で、「ファジアーノ岡山」の選手たちのサイン会が行われていた。4選手の中で、一番人気は、先日、クラブに加入した期待のFW鴨川奨。2005年に名古屋グランパスに入団し、ルーキーイヤーから、快速を生かしたアグレッシブなプレースタイルが、注目を集めた。

  #7 サイン会の様子
サイン会①


その脇の売店で、ファジアーノのGoodsを眺める。購入したのは、「日本フットボールリーグガイドブック2008(¥1000円)」と「オフィシャルTシャツ エンブレム入り(¥2000円)」。ワインレッドの鮮やかな色がひときわ目に付く。

  #8 チームTシャツ
チームTシャツ


■ 大事な試合

3位につけるファジアーノ岡山としては、下位に低迷するガイナーレを下して勢いに乗りたい大事なホームゲームである。

ホームのファジアーノ岡山は<4-4-2>。GK李彰剛。DF重光貴葵・野本安啓・伊藤琢矢・池松秀明。MF関隆倫・小野雄平・妹尾隆佑・川原周剛。FW喜山康平・小林康剛。

FW小林は鹿島や徳島でプレーした183cmの大型選手で、後期5節までで17ゴールを挙げているエースストライカー。JFL得点ランキングトップを走る。MF関隆倫は2006年と2007年にコンサドーレ札幌でプレーし、2006年にはリーグ戦で29試合に出場している。

対する<4-4-2>でGK井上敦史。DF冨山達行・加藤秀典・小原一展・吉瀬広志。MF小井手翔太・水本勝成・実信憲明・鶴見聡貴。FW戸田賢良・秋田英義。

DF小村徳男、MF吉野智行はベンチ外。DF加藤は鳥栖から獲得したばかりで、FW小澤竜己はFC東京からレンタル移籍中。FW小澤は今シーズン6ゴールをマークしている。

  #9 試合前の様子
試合前①


■ 小澤の決勝ゴール

試合は総合力で優るホームの岡山が優勢。FW小林のポストプレー、右MFの妹尾のドリブル突破、ボランチのMF関の飛び出しを生かして、主導権を握る。しかしながら、鳥取の最終ラインの頑張りもあって、ゴールは奪えない。前半は0対0で終了。

  #10 後半開始前
ハーフタイム①


後半に入ると、鳥取はMFハメドを投入。コートジボワール出身で21歳のドリブラーの前に、岡山のDFが苦戦し、徐々に、鳥取も好機を作り始める。

後半も、ホームのサポーターの声援を背に、岡山は何度もセットプレーでチャンスを作るが、クロスの精度を欠いてネットを揺らすことは出来ない。

試合はそのまま0対0で終了かと思われたが、後半44分にCKのチャンスを得た鳥取が劇的なゴールを挙げる。混戦からゴールに押し込んだのは途中出場のFW小澤。1対0でアウェーの鳥取が勝利した。

■ アウェーで勝利

鳥取は、最後のチャンスをゴールに結びつけて、1対0で岡山を撃破。アウェーの地に駆けつけたサポーターに、嬉しい勝利をプレゼントした。

ガーナーレ鳥取は、2001年からJFLに参入しているが、16位、13位、14位、10位、12位、11位、14位と、なかなか結果が出ていない。さらに、今シーズンは、JFLに参入した近県のファジアーノ岡山が快進撃を見せてJ2入りも視野に入り始めている状況。先輩JFLクラブとして複雑な心情にならざる得なかったが、見事に意地を見せた。

攻撃力という部分では、岡山に見劣りする鳥取だったが、中盤の守備力では上回った。派手さは無いが粘り強い守備は、確実に、岡山のアタッカー陣にプレッシャーをかけた。

  #11 ガイナーレのイレブン
ガイナーレ③

■ リズムを変えたMFハメド

鳥取は後半からFW秋田英義に代えて、MFハメドを投入。前半は185cmの長身FW戸田賢良にロングボールを当ててこぼれ球を狙う攻撃パターンで、なかなか岡山のディフェンスを破ることは出来なかったが、MFハメドが入って、彼が完全にムードを変えた。

168cmと体格には恵まれていないが、スピードとテクニックがあって、1人で敵陣に侵入することが出来る。フィニッシュの意識が低いのか、最終局面でシュートでなく、パスを選択してしまう判断のミスが何度かあったが、それでも岡山のディフェンスに脅威を与え続けた。

■ 見事なハーモニー

敗れはしたものの、ファジアーノ岡山は、JFLで上位に食い込むだけあって、しっかりとしたサッカーが出来ていた。11人全員の意識が統一されていて、守備でもサボる選手は見当たらず、監督の意図したサッカーがピッチ上でも表現されているであった。

そんな組織的なサッカーの上に、FW小林のポストワーク、MF妹尾のドリブル突破、FW喜山のサッカーセンスがうまくミックスされていて、見ていてストレスの少ないサッカーを展開した。

難点は、クロスボールがなかなか中央に合わず、シュートまでつなげるシーンが少なかったことであるが、鳥取の最終ラインに入った前鳥栖のDF加藤秀典が良く頑張った結果ともいえる。ノーゴールに終わった理由は、不運で片づけられるかもしれない。

  #12 ファジアーノイレブン
ファジアーノ③


■ 飛び抜けたセンスを感じさせる喜山

中でも、もっとも印象的だったのは、FW喜山康平。2007年途中、東京ヴェルディからレンタルで獲得した20歳のフォワードである。

各年代で日本代表歴のあるFW喜山は179cmのレフティ。JFLのガイドブックを見ると、2007年の中国リーグでは、14試合で24得点16アシストという結果で、得点王とアシスト王をダブル受賞している。
いずれもリーグ新記録で、尋常でない成績を残している。

ただ、この試合のプレーを見る限り、その成績も納得である。

前半15分過ぎに、サイドからの難しいクロスをトラップしてそのままクロスバー直撃の強烈なシュートを放ったが、この一連のプレーは、スタジアム中の全ての人がどよめいた超スーパープレーであった。このプレーを見れただけでも、この試合に足を運んだ価値があったとさえいえる。

正確な技術、アイディアのパス、左足の重く正確なシュートを見ると、かつてのレフティーモンスター小倉隆史を連想せずにはいられなかった。運動量や守備力といった面でも大きな問題は無く、いずれ東京ヴェルディに復帰するはずだが、J1でも十分な戦力となるだろう。

  #13 喜山康平20歳
ファジアーノ④


■ 夢がかなう日

この試合の内容を見る限り、今後、ファジアーノ岡山が大きく失速する可能性は低いだろう。ただ、カターレ富山や横河武蔵野FCといったチームがすぐ下の順位に迫っており、厳しい戦いは最終節まで続くだろう。

17ゴールのFW小林と12ゴールのFW喜山の2トップの能力に不安は無いだけに、この2トップにどの程度、いいボールを供給できるかがポイントになるだろう。ファジアーノと岡山の夢がかなう日は、近いのかもしれない。

  #14 スタジアムからの花火
花火大会①


■ まとめ

前述のように、J2に参入するためには、「準加盟に承認されること」、「4位以内に入ること」の2つが絶対条件だが、それに加えて、ホームゲームの平均観客動員が3000人以上というのも、チェックされる。岡山の今シーズンは3200人弱。この基準もおそらく満たすことだろう。

初めてのJFL観戦ということで、スタジアム内の盛り上がりはどうなのか?、運営はどうなのか?、エンターテイメント的にどうなのか?、と少し不安もあったが、試合は見どころ十分で、非常に面白くて、新鮮な体験となった。

チケット代は¥1000円。十分にお釣りの来るものとなった。

  #15 試合後のスタジアム①
試合後④


  #16 試合後のスタジアム②
試合後⑤





Q1. 気になる下部リーグのチームはどこですか? → New!!!

  ・グルージャ盛岡
  ・栃木SC
  ・Honda FC
  ・AC長野パルセイロ
  ・カターレ富山
  ・ツエーゲン金沢
  ・三重ランポーレFC
  ・SAGAWA SHIGA FC
  ・FCMiOびわこkusatsu
  ・パンディオンセ加古川
  ・カマタマーレ讃岐
  ・ガイナーレ鳥取
  ・ファジアーノ岡山
  ・デッツォーラ島根
  ・レノファ山口
  ・ニューウェーブ北九州
  ・V・ファーレン長崎
  ・ヴォルカ鹿児島
  ・FC琉球
  ・上記以外のクラブ

投票する  途中経過を見る





おすすめエントリー (10記事)

コメント

サッカー好きのGENと言います。
今年はJFLが熱いと言う事で興味があり拝見させて頂きました。
その中でも日本で一番人口が少ない鳥取県からJを目指しているガイナーレ鳥取に注目しています。
多くの投票で、次回ガイナーレ鳥取側からの視点で見たコラムを期待してます。
2008/08/04(月) 08:23:47 | URL | GEN  [編集]
ヴェルディサポーターのカーツと申します

岡山のレポート楽しく読ませていただきました
喜山のことは常に気になってましたが情報が少ないうえに東京からは遠すぎるため見にも行けないので大変参考になりました
2008/08/03(日) 15:27:20 | URL | カーツ  [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


10月16日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

10月16日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (横浜マリノス編)

10月16日
【U-17W杯:日本 vs ニューカレドニア】 散々な内容・・・。収穫はMF椿直起(横浜FMユース)のみ。

10月16日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (左SB編) 10月15日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (右SB編)

10月15日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (GK編)

10月14日
【投票:U-17W杯】 vs ニューカレドニア戦(3戦目)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月14日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (コンサドーレ札幌編)

10月14日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (アルビレックス新潟編)

10月13日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ガンバ大阪編)

10月13日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (V・ファーレン長崎編)

10月13日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (アビスパ福岡編)

10月12日
【サッカー】 フジテレビ系列は解説者の清水秀彦さんをいつになったら諦めるのか・・・。

10月12日
【U-17W杯:日本 vs フランス】 スコアは僅差だったが・・・。苦手とするフランスに完敗。

10月12日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ザスパクサツ群馬編)

10月11日
【投票:U-17W杯】 vs フランス戦(2戦目)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月11日
【日本代表】 DF槙野智章のスタメン起用は(流行りの)排除のためだったのか? (vs ハイチ)

10月11日
【国際親善試合:日本 vs ハイチ】 大きな戦力になり得る187センチのFW杉本健勇(セレッソ大阪)

10月10日
【国際親善試合】 ハイチ戦(H)の日本代表プレーヤーを採点しよう。

10月10日
【投票:親善試合】 vs ハイチ戦(H)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月10日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ツエーゲン金沢編)

10月10日
【U-17日本代表】 DF菅原由勢(名古屋U18)は「日本サッカー史上最高の右SB」になれるか?

10月10日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ファジアーノ岡山編)

10月09日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (名古屋グランパス編)

10月09日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (愛媛FC編)

10月09日
【U-17W杯】 圧巻のゴールラッシュ!!!MF中村敬斗(三菱養和SCユース)はハットトリック達成!!!

10月08日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (モンテディオ山形編)

10月08日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ジェフ千葉編)

10月07日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (徳島ヴォルティス編)

10月07日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (湘南ベルマーレ編)

10月07日
【国際親善試合:日本 vs ニュージーランド】 大きな存在感を発揮したプラチナ世代のMF小林祐希

10月06日
【国際親善試合】 ニュージーランド戦(H)の日本代表プレーヤーを採点しよう。 (2017年10月6日)

10月06日
【投票:親善試合】 vs ニュージーランド戦(H)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月06日
【移籍市場】 ヴィッセル神戸は「Jリーグの嫌われ者」になる覚悟はあるのか?

10月05日
【日本代表】 2022年のカタールW杯での活躍が期待される日本人選手 (1位-10位) (フォワード編)~2位:FW鈴木優磨、1位:FW久保裕也~

10月05日
J3初観戦に想う。 (ブラウブリッツ秋田 vs ガンバ大阪U-23@あきぎんスタジアム)

10月05日
【J3】 自動昇格争いの展望 ~有利なのは栃木SC、ダークホースは鹿児島ユナイテッド~

10月04日
【サッカー】 いい解説者になれそうな現役選手 (1位-10位)~5位:遠藤保仁、4位:小野伸二、3位:岩政大樹、2位:中村俊輔、1位は・・・~

10月04日
【J3】 元日本代表の森岡隆三監督(ガイナーレ鳥取)は指導者としては無能なのか?

10月04日
【J3】 元日本代表の宮本恒靖監督(ガンバ大阪U-23)は指導者としては無能なのか?

10月03日
【サッカー】 不人気なサッカー解説者 (1位-10位)~5位:セルジオ越後、4位:北澤豪、3位:清水秀彦、2位:武田修宏、1位は・・・~

10月03日
【サッカー】 人気のあるサッカー解説者 (1位-10位)~5位:岡田武史、4位:福西崇史、3位:戸田和幸、2位:名波浩、1位は・・・~

10月03日
【Jリーグ】 日本を代表するダービーマッチ (1位-10位) ~3位:静岡ダービー、2位:さいたまダービー、1位は・・・。~

10月02日
【J3】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手をあと10人だけ挙げてみた。

10月02日
【J3】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手を10人だけ挙げてみた。

10月02日
【J2】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手をあと10人だけ挙げてみた。

10月01日
【J2】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手を10人だけ挙げてみた。

10月01日
【J1】 2017年-2018年の移籍市場で去就が注目されるJリーガーをあと10人だけ挙げてみた。

10月01日
【J1】 2017年-2018年の移籍市場で去就が注目されるJリーガーを10人だけ挙げてみた。

09月30日
【Jリーグ】 「攻撃面での貢献度が高いキーパー」というと誰だろうか? (J1編・J2編・J3編)

09月30日
【J1】 残留争いの展望 ~対戦相手が厳しいのは広島と大宮、恵まれているのは清水~

09月29日
【Jリーグ】 ザスパクサツ群馬の歴代ベストイレブンを考える。 (2005年-2017年)

09月29日
【J2】 「やっぱり凄かった。」というJリーガーをあと10人だけ挙げてみた。

09月28日
【J1】 「やっぱり凄かった。」というJリーガーをあと10人だけ挙げてみた。

09月28日
【J2】 「やっぱり凄かった。」というJリーガーを10人だけ挙げてみた。

09月28日
【J1】 「やっぱり凄かった。」というJリーガーを10人だけ挙げてみた。

09月27日
【J2】 「過小評価されがちなJリーガー」をあと10人だけ挙げてみた。

09月27日
「セレッソ大阪のばばあサポーター(@キンチョウスタジアム)」が迷惑すぎる件

09月27日
【J2】 「過小評価されがちなJリーガー」を10人だけ挙げてみた。

09月26日
【J1】 「過小評価されがちなJリーガー」をあと10人だけ挙げてみた。

09月26日
【J3】 今、注目すべき若手プレーヤーをあと10人だけ挙げてみた。

09月26日
【J1】 「過小評価されがちなJリーガー」を10人だけ挙げてみた。

09月25日
【J3】 今、注目すべき若手プレーヤーを10人だけ挙げてみた。


09月25日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----岩上祐三 (14)
 -----江坂任 (9)
 -----大前元紀 (15)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----城福浩 (20)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----小泉慶 (12)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (22)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----風間宏希 (15)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----林陵平 (11)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----藤田祥史 (11)
 -----表原玄太 (8)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----ダヴィ (13)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 -----鈴木武蔵 (20)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----佐藤洸一 (15)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----永井龍 (21)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 -----庄司悦大 (18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----大黒将志 (23)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----喜山康平 (8)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----丸岡満 (11)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (5)
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 -----平繁龍一 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 -----山藤健太 (18)
 ├鹿児島ユナイテッド (5)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: