アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/10/15 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (GK編)
 2017/10/15 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (右SB編)
 2017/10/16 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (左SB編)
 2017/10/16 【U-17W杯:日本 vs ニューカレドニア】 散々な内容・・・。収穫はMF椿直起(横浜FMユース)のみ。
 2017/10/16 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (横浜マリノス編)
 2017/10/17 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを23人だけ挙げてみた。 (CB編)
 2017/10/17 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (栃木SC編)
 2017/10/17 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを32人だけ挙げてみた。 (ボランチ編)
 2017/10/18 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを42人だけ挙げてみた。 (アタッカー編)
 2017/10/18 【U-17W杯】 DF喜田陽(セレッソ大阪U-18)がPK失敗。ベスト8進出はならず。
 2017/10/18 【Jリーグ】 ザスパクサツ群馬のサポーターが出したSOSの横断幕について
 2017/10/19 【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (東京ヴェルディ編)
 2017/10/19 【ACL】 興ざめだった上海上港&FWフッキのマナー違反 (vs 浦和レッズ)
 2017/10/19 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (浦和レッズ編)

 2017/10/19 全記事一覧(2005年-2017年)


【広島×岐阜】 14年ぶりのビッグアーチ (生観戦記 #8) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 広島ビッグアーチとは???

サンフレッチェ広島のホームスタジアムである「広島ビッグアーチ」は、1994年の広島アジア大会と1996年のひろしま国体のメインスタジアムであり、1992年に開設された西日本最大級のスタジアムである。メインスタンドの屋根がアーチ状になっていることから、ビッグアーチと呼ばれる。

1992年にオフト監督率いる日本代表が、史上、初めてアジアを制したアジアカップ'92がこけら落としで、1994年以降、サンフレッチェ広島のホームスタジアムとなった。

2002年のワールドカップ開催のため、日本国内にも4万人を超える規模の大型スタジアムが次々と建設されたが、Jリーグ創設当時は、国立競技場を除くとこれだけ動員力のあるスタジアムはビッグアーチ以外には無く、非常に重宝された。

 #1 ビッグアーチ周辺(1)
スタ①


 #2 ビッグアーチ周辺(2)
スタ②


 #3 ビッグアーチ周辺(3)
スタ③


■ 14年ぶりのビッグアーチ

個人的には、ビッグアーチに行くのは、14年ぶりである。14年前というと、FW高木琢也やMF森保一やMFイワン・ハシェックやFW盧廷潤やMF風間八宏やGK前川和也がいた頃で、1994年のサントリーシリーズでサンフレッチェ広島がリーグ初優勝を飾ったメモリアルなシーズンだった。

今回、JR横川駅からシャトルバスでスタジアムに向かう。JR横川駅はJR広島駅の1つ隣の駅で、普通電車で約5分の位置にある。PM18:00のキックオフの試合で、PM15:30に横川駅に着くと、シャトルバスを待つサポーターでいっぱいだった。チケット未確保の状態だったので、大丈夫だとは思いながらも少し心配になる。

シャトルバスの中は、当然満員の状態で、紫のユニフォームを着た人達が、決戦の場に向かう。好調なチーム状態もあって、バス内も余裕の表情が多い。

 #4 ビッグアーチ周辺(4)
スタ④


■ ビッグアーチ周辺

横川駅からバスで20分弱でビッグアーチに到着する。バス街の時間も含めて、広島駅からは30分ほど。スタジアムへ向かう高揚感を味わうには、最適の時間と距離である。

ビッグアーチの正式名称は、「広島広域公園陸上競技場」。スタジアム周辺は、大都市の広島市中とは思えないほど、緑にあふれている。近年、都市圏に出来た新スタジアムのいくつかは、駅のすぐ近くに建設されていて、「アクセスが良い」ということが1つのステータスになっているが、これだけ自然の中に融合しているスタジアムであれば、少々、アクセスが悪くても許容出来る範囲である。

 #5 ビッグアーチ 正面側
スタ⑤


■ 広島に挑む岐阜

この試合で首位のサンフレッチェ広島に挑むのは、松永監督率いるFC岐阜。J2初挑戦のシーズンながら、24節終了時点で8位に付ける。

FC岐阜とサンフレッチェ広島には少なくない関係があって、FC岐阜のGMはサンフレッチェ広島で辣腕をふるった今西和男氏。そのため、FC岐阜には、FW森山泰行、MF高木和正、MF吉田康弘ら、元広島の選手が多く在籍している。

両チームの初対戦は4月6日。長良川球技場で行われた試合は、1対1の引き分けに終わっている。ここ7試合で岐阜の成績は3勝3分け1敗。24節は2位の山形を破る金星を挙げており上り調子である。

試合前①


岐阜③


■ 広島が快勝

首位固めを狙うサンフレッチェ広島は<3-6-1>。GK佐藤。DF槙野・森崎和・盛田。MF青山敏・森崎浩・李漢宰・服部・高萩・柏木。FW佐藤寿。DFストヤノフが怪我のため欠場し、DF森崎和が3バックの中央に入る。MF柏木は4試合ぶりのスタメン。

対する岐阜は<4-4-2>。GK日野。DF川島・深津・菊池・菅。MF北村・佐藤・梅田・高木和。FW片桐・小島。元日本代表FW小島宏美はリーグ戦2試合目の先発出場。エースFW片桐と2トップを組む。

試合は前半42分に、広島がCKのこぼれ球をDF盛田が左足で押し込んで先制。さらに、前半44分に、MF高萩のパスからMF柏木が決めて2対0とリードする。

後半も引き続いて広島が優勢で、後半3分にFW佐藤寿人が決めて3点リード。後半17分にはMF服部の得たPKをパパになったばかりのMF森崎浩司が決めて4対0。最後はFW久保も登場するなど、広島が快勝。同一チームのレフティ4人がゴールを決めるという珍しい展開で、岐阜を下した。

広島⑤


■ 独走態勢で・・・

広島は4ゴールを決めて完勝。2位以下との差は広がるばかりで、独走態勢に入った。2位以下はつぶし合いをしている状況で、今後、よほどのことがない限り、昇格は間違いないといえる。

オフには、FWウェズレイとMF駒野友一が退団したが、それ以外の主力メンバーは残留。不安視されたペトロビッチ采配もここまで問題はなく、不安材料はほかのチームと比べると少ない。

また、この試合では、GK佐藤、DF森崎和、DF槙野、MF森崎浩、MF柏木、MF高萩とスタメン11人中で6人の選手がサンフレッチェ・ユース育ちで、サブのGK原、MF桑田、MF高柳も含めると9人が自前のユース育ちである。

J1では、なかなか若い選手を使い続ける余裕は無いが、ややレベルの下がるJ2であれば、我慢して若手を使うことも可能である。特に、MF高萩、GK佐藤らにとっては、貴重な経験の場となっている。

広島⑥


■ 復活の柏木陽介

今シーズンから背番号10を背負うMF柏木は、今シーズン6試合目のスタメンで、前半44分に貴重な追加点のゴールを決めた。これが今シーズン初ゴール。コンディション不良の状態が続いていたが、ようやく調子が上がってきた。

特に、前半44分にゴールを挙げた後のプレーは目を見張るものがあり、切れのあるドリブルと意外性あふれるパスで攻撃を組み立てた。今シーズンは、1年先輩のMF高萩の躍進でレギュラーも安泰ではなかったが、ようやく結果を残して、巻き返しに入る。

それにしても、独走状態の広島だが、サッカーダイジェストのデータによると、第23節終了時点で、「クロスの本数」と「ドリブル数」がリーグワーストの15位。さすがに「パスの本数」はダントツ1位であるが、思ったほど、相手チームを圧倒できていない現状が浮き彫りになる。

もちろん、FW佐藤寿人とMF高萩洋次郎を中心に、効率良く得点出来ているともいえるが、攻撃に限って言うと、改善の余地は少なくない。ここまでDF槙野がドリブル数(35回)でチーム内トップということが示しているように、前線は自ら仕掛けられる選手が不足している。そんな中で、MF柏木の復活にかかる期待は大きい。

広島②


広島④


■ 高萩洋次郎の成長

今シーズンの広島を語る上で忘れてならないのが、MF高萩洋次郎の成長である。高校2年生のときからトップチームでプレーし、将来を嘱望されてきたMF高萩は、2004年のアジアユースにもレギュラー格としてプレーしたが、その後は伸び悩み、2005年のワールドユース出場はならなかった。

2006年冬のアジア大会では、北京五輪を目指す反町ジャパンの一員としてカタールで戦ったが、思うような結果は残せず、その後は代表からも外れていたが、今シーズンは大ブレーク。ここまで7ゴールをマークしている。

本来はボランチの選手で、長身でスケールを感じさせるパスでゲームを組み立てる選手であったが、2006年に愛媛FCでプレーした頃から運動量が増えて、以前とはタイプがやや異なってきている。さらに、今シーズンは、オン・ザ・ボールの質も上がって、相手チームとしてはマークしにくい、つかみにくいアタッカーとなった。

広島①


■ プラン通りの戦いから・・・

一方の岐阜は前半42分に失点するまでは、完璧にプラン通りの戦いが出来ていたが、セットプレーから失点すると、その後はズルズルと失点を重ねた。広島の攻撃にも慣れて、きちんと対応できていた時間帯に、セットプレーからゴールを許したのが痛恨だった。

2失点目は安易なDFラインのミスからの失点であり、能力で優る広島を相手にしたとき、決して許されない致命的なミスとなった。

前半44分にMF柏木に許した2点目以降は、完全に広島ペースとなって、岐阜としては、もう打つ手がなかったが、先制点を奪われる前半42分までに、もう少しカウンターで広島ゴールを脅かすことが出来ていたならば、展開も少しは変わっていたかもしれない。立ち上がりから、FW片桐を中心に攻め入ったが、スピード感はなく、決定的なチャンスは作れなかった。

岐阜①


岐阜②


■ 1年目の戦い

結局、0対4と完敗に終わったが、シーズントータルでは、8勝10敗6分けで順位は10位。9位の横浜FCと同じ勝ち点で、降格組の11位の甲府を勝ち点で上回っていることを考えると、上々の1年目といえる。

松永監督の目指すサッカーはヴァンフォーレ甲府時代のサッカーと似ていて、<4-2-2-2>を主体に、サイドから人数をかけて攻め込むスタイルで、戦術は徹底されている。単純な個人能力では、他のJ2のチームと比べても見劣りする部分もあるが、戦術が個の不足を補っている。

ただ、この試合のように、サイドで数的優位を作っても、そこを個人技で突破されると守備陣はお手上げとなるし、さらに上を目指すには、選手個々のレベルアップも必須となる。

■ 片桐のテクニック

FC岐阜のエースはFW片桐淳至。ここまで5ゴール8アシストと、チーム総得点の約半分に絡んでいる。スピードや運動量はそれほどでもないが、左足のテクニックは超一級品で、ドリブルやキープもJ2トップレベルの水準にある。

このFW片桐をどう生かすかが、岐阜の攻撃のポイントであるが、アシスト数の多さが物語るように、どちらかというと、ストライカーというよりはチャンスメーカー的な役割が多い。左サイドのドリブラーMF高木和正とのコンビは相手にとっては厄介であるが、フィニッシャーが今以上に力を発揮すれば、さらに得点力が向上するのは間違いない。

期待されるのは、今シーズン7ゴールのFW片山真人であるが、この試合はベンチスタート。ベテランのFW小島も良く頑張ったが、決定的なシュートを放つには至らなかった。

岐阜④


■ All for J1

この試合の観客動員数は9952人。J2リーグにおいて、この数字を多いと取るのか、少ないと取るかは人それぞれであるが、サンフレッチェ広島には、間違いなく、一定以上の固定客は存在する。だから、J2に降格しても、大幅な観客動員減にはならない。

ただ、やはり、ビッグアーチは50,000人収容のスタジアムであり、どうしても空席が目立ってしまう。14年前の記憶はあいまいであったが、これだけ恵まれた環境の中にスタジアムが存在し、たくさんの紫色のサポーターに囲まれた中で試合が出来るチームだということを、改めて認識した。

今シーズンは、「All for J1」というスローガンのもと、J1復帰のみを目標に戦っているが、その一歩先、二歩先を目指すべして戦うべきチームだろう。

この試合では、大量リードを奪ったために攻撃参加は控え目に終わったが、DFストヤノフ、DF槙野、DF森崎和、DF盛田、DF森脇、DF結城といった攻撃能力の高いDFをセンターバックで起用し、両ストッパーが頻繁にオーバーラップする新世代のサッカーが、形になりつつある。ストッパーのDF槙野やDF結城がゴール前に入り込んでシュートを放つシーンは、よくみられる光景である。

2007年シーズンは、守備陣の崩壊と戦術の未熟さで降格の憂き目にあったが、ここJ2で、再び、非常識的なサッカーが、旋風を巻き起こしている。サンフレッチェ広島の評価は、2009年シーズン終了後に行うのがベストだろう。いかにして、09年シーズンにJ1の舞台で戦えるか?


広島⑤


広島⑥


スタジアム①





おすすめエントリー (10記事)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


10月19日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

10月19日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (浦和レッズ編)

10月19日
【ACL】 興ざめだった上海上港&FWフッキのマナー違反 (vs 浦和レッズ)

10月19日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (東京ヴェルディ編)

10月18日
【Jリーグ】 ザスパクサツ群馬のサポーターが出したSOSの横断幕について

10月18日
【U-17W杯】 DF喜田陽(セレッソ大阪U-18)がPK失敗。ベスト8進出はならず。

10月18日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを42人だけ挙げてみた。 (アタッカー編)

10月17日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを32人だけ挙げてみた。 (ボランチ編)

10月17日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (栃木SC編)

10月17日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを23人だけ挙げてみた。 (CB編)

10月16日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (横浜マリノス編)

10月16日
【U-17W杯:日本 vs ニューカレドニア】 散々な内容・・・。収穫はMF椿直起(横浜FMユース)のみ。

10月16日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (左SB編)

10月15日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (右SB編)

10月15日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (GK編)

10月14日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (コンサドーレ札幌編)

10月14日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (アルビレックス新潟編)

10月13日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ガンバ大阪編)

10月13日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (V・ファーレン長崎編)

10月13日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (アビスパ福岡編)

10月12日
【サッカー】 フジテレビ系列は解説者の清水秀彦さんをいつになったら諦めるのか・・・。

10月12日
【U-17W杯:日本 vs フランス】 スコアは僅差だったが・・・。苦手とするフランスに完敗。

10月12日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ザスパクサツ群馬編)

10月11日
【投票:U-17W杯】 vs フランス戦(2戦目)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月11日
【日本代表】 DF槙野智章のスタメン起用は(流行りの)排除のためだったのか? (vs ハイチ)

10月11日
【国際親善試合:日本 vs ハイチ】 大きな戦力になり得る187センチのFW杉本健勇(セレッソ大阪)

10月10日
【国際親善試合】 ハイチ戦(H)の日本代表プレーヤーを採点しよう。

10月10日
【投票:親善試合】 vs ハイチ戦(H)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月10日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ツエーゲン金沢編)

10月10日
【U-17日本代表】 DF菅原由勢(名古屋U18)は「日本サッカー史上最高の右SB」になれるか?

10月10日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ファジアーノ岡山編)

10月09日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (名古屋グランパス編)

10月09日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (愛媛FC編)

10月09日
【U-17W杯】 圧巻のゴールラッシュ!!!MF中村敬斗(三菱養和SCユース)はハットトリック達成!!!

10月08日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (モンテディオ山形編)

10月08日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ジェフ千葉編)

10月07日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (徳島ヴォルティス編)

10月07日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (湘南ベルマーレ編)

10月07日
【国際親善試合:日本 vs ニュージーランド】 大きな存在感を発揮したプラチナ世代のMF小林祐希

10月06日
【国際親善試合】 ニュージーランド戦(H)の日本代表プレーヤーを採点しよう。 (2017年10月6日)

10月06日
【投票:親善試合】 vs ニュージーランド戦(H)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月06日
【移籍市場】 ヴィッセル神戸は「Jリーグの嫌われ者」になる覚悟はあるのか?

10月05日
【日本代表】 2022年のカタールW杯での活躍が期待される日本人選手 (1位-10位) (フォワード編)~2位:FW鈴木優磨、1位:FW久保裕也~

10月05日
J3初観戦に想う。 (ブラウブリッツ秋田 vs ガンバ大阪U-23@あきぎんスタジアム)

10月05日
【J3】 自動昇格争いの展望 ~有利なのは栃木SC、ダークホースは鹿児島ユナイテッド~

10月04日
【サッカー】 いい解説者になれそうな現役選手 (1位-10位)~5位:遠藤保仁、4位:小野伸二、3位:岩政大樹、2位:中村俊輔、1位は・・・~

10月04日
【J3】 元日本代表の森岡隆三監督(ガイナーレ鳥取)は指導者としては無能なのか?

10月04日
【J3】 元日本代表の宮本恒靖監督(ガンバ大阪U-23)は指導者としては無能なのか?

10月03日
【サッカー】 不人気なサッカー解説者 (1位-10位)~5位:セルジオ越後、4位:北澤豪、3位:清水秀彦、2位:武田修宏、1位は・・・~

10月03日
【サッカー】 人気のあるサッカー解説者 (1位-10位)~5位:岡田武史、4位:福西崇史、3位:戸田和幸、2位:名波浩、1位は・・・~

10月03日
【Jリーグ】 日本を代表するダービーマッチ (1位-10位) ~3位:静岡ダービー、2位:さいたまダービー、1位は・・・。~

10月02日
【J3】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手をあと10人だけ挙げてみた。

10月02日
【J3】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手を10人だけ挙げてみた。

10月02日
【J2】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手をあと10人だけ挙げてみた。

10月01日
【J2】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手を10人だけ挙げてみた。

10月01日
【J1】 2017年-2018年の移籍市場で去就が注目されるJリーガーをあと10人だけ挙げてみた。

10月01日
【J1】 2017年-2018年の移籍市場で去就が注目されるJリーガーを10人だけ挙げてみた。

09月30日
【Jリーグ】 「攻撃面での貢献度が高いキーパー」というと誰だろうか? (J1編・J2編・J3編)

09月30日
【J1】 残留争いの展望 ~対戦相手が厳しいのは広島と大宮、恵まれているのは清水~


09月28日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----岩上祐三 (14)
 -----江坂任 (9)
 -----大前元紀 (15)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----城福浩 (20)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----小泉慶 (12)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (22)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----風間宏希 (15)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----林陵平 (11)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----藤田祥史 (11)
 -----表原玄太 (8)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----ダヴィ (13)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 -----鈴木武蔵 (20)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----佐藤洸一 (15)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----永井龍 (21)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 -----庄司悦大 (18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----大黒将志 (23)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----喜山康平 (8)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----丸岡満 (11)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (5)
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 -----平繁龍一 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 -----山藤健太 (18)
 ├鹿児島ユナイテッド (5)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: