アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







カウントダウンタイマー

最近のエントリー (15記事)

 2018/02/15 【J1:順位予想】 躍進候補は名古屋・広島・浦和・FC東京あたり??? (2018年版)
 2018/02/16 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (FC東京・湘南・清水・広島・磐田)
 2018/02/16 【最初の10試合は低調】 クルピ監督に対するセレッソ大阪のサポーターの見解は事実か?嘘か?
 2018/02/16 【年俸比較】 「プロ野球選手は高給取り、Jリーガーは薄給」というイメージはもうすぐ古くなる。
 2018/02/17 【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (後編)
 2018/02/17 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (13位-18位) (参加者数:457名)
 2018/02/17 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (7位-12位) (参加者数:457名)
 2018/02/18 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-6位) (参加者数:457名)
 2018/02/18 【ACL】 済州ユナイテッドの度重なるラフプレーにドン引きした件。 (vs セレッソ大阪)
 2018/02/19 【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (12位-22位)
 2018/02/19 【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-11位)
 2018/02/19 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (10位-18位)
 2018/02/20 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (1位-9位)
 2018/02/20 【J1】 2018年の得点王は誰だろうか?~本命はFWジョー(名古屋グランパス)か?~
 2018/02/20 【史上最攻シンドローム】 勝負の1年に挑むコンサドーレ札幌
 2018/02/21 【J1】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)

 2018/02/21 【J1】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:526名)
 2018/02/21 【J2】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:214名)
 2018/02/21 【J3】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:58名)
 2018/02/21 【J1・J2・J3】 順位予想バトル エラー投稿の一覧 (現時点のエラー投稿者:18名)

 2018/02/21 全記事一覧(2005年-2018年)


【鳥栖×福岡】 いつかの夢に向かって・・・ (生観戦記 #7) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ ホームタウン・鳥栖市

J2に所属するサガン鳥栖のホームタウンである鳥栖市は、佐賀県の東端に位置し、九州を代表する交通都市の1つとして知られている。市の中心地にある鳥栖駅は鹿児島本線と長崎本線の分岐点であり、市内にある鳥栖ジャンクションは九州自動車道・長崎自動車道・大分自動車道のジャンクションである。

特急電車に乗ると、博多駅まではわずかに30分足らず。福岡都市圏の一角であり、鳥栖市の総人口の約5%が福岡市へ通勤 or 通学している。

有名人も多く輩出しており、緒方孝市(プロ野球選手) 、小山慶一郎(NEWS)、権藤博(プロ野球選手) 、孫正義(実業家・ソフトバンク創業者)、松雪泰子(女優)が鳥栖市の出身である。

■ 日本一のスタジアム

サガン鳥栖のホームスタジアムは「鳥栖スタジアム(ベストアメニティスタジアム)」である。ベストアメニティという会社は福岡県久留米市に本社を置く食品メーカーで、2008年から年間3150万円(3年契約)で命名権を取得した。

この鳥栖スタジアムを日本一のサッカースタジアムと評する人は少なくない。

前述のように鳥栖駅は九州の交通の要所で、しかもJR鳥栖駅の目の前にスタジアムがそびえたつ。プラットホームから、サッカー専用スタジアムが見られるのは、日本ではここだけではないだろうか?

#1 プラットホームからの眺め①
スタ①


#2 プラットホームからの眺め②
スタ②


#3 プラットホームからの眺め③
スタ③


また、サッカー専用スタジアムらしくピッチと観客席が非常に接近しており、選手の息遣いが伝わってくる。天然芝のピッチも常時、整備されていて、非の打ちどころは無い。収容人数は、約20000人。中規模スタジアムとしては、理想的なスタジアムである。横浜FCのFW三浦知良も、このスタジアムを、「日本でも3本の指に入る素晴らしいスタジアムだ」と絶賛する。

#4 スタジアム周辺①
スタ④


#5 スタジアム周辺②
スタ⑤


#6 スタジアム周辺③
スタ⑥


#7 スタジアム周辺④
スタ⑦


#8 スタジアム周辺⑤
スタ⑧


#9 スタジアム周辺⑥
スタ⑨


#10 スタジアム周辺⑦
スタ⑩


#11 スタジアム周辺⑧
スタ⑪


■ フロント vs サポーター

その鳥栖スタジアムに乗り込んできたのはアビスパ福岡。ここまでの成績は4勝8敗3分。九州ダービーということもあって、多くのアビスパサポーターも駆けつけて、ダービーの雰囲気を盛り上げるが、いかんせん、スタートダッシュに躓いた。前節の第16節のベガルタ仙台戦に勝利し、連敗を5でストップさせたが、J1昇格の可能性を残すには、もう1つも落とせない。

ただ、フロント(社長)とサポーターの確執は相当のもののようで・・・。

#12 横断幕①
横断幕①


#13 横断幕②
横断幕②


#14 横断幕③
横断幕③


#15 横断幕④
横断幕④


#16 横断幕⑤
横断幕⑤


#17 横断幕⑥
横断幕⑥


■ 超変則布陣

ホームのサガン鳥栖は、韓国人ストライカーFW金信泳が警告累積のため出場停止。10試合ぶりに19歳のFW谷口を2トップの一角で起用。<4-4-2>でGK赤星。DF日高・飯尾・柴小屋・谷田。MF高橋・衛藤・高地・レオナルド。FW藤田・谷口。MF高橋と衛藤のダブルボランチで、右MFにMFレオナルド、左MFに高地。

アウェーのアビスパ福岡はGK神山。DFルダン・布部・長野・山形辰。MFタレイ・久永・久藤・田中佑・中島。FW大久保。DFルダンがFW藤田、DF長野がFW谷口にマンマークで付いて、DF布部がスイーパー役。左サイドバックがDF山形辰。その前にMF中島。右サイドバックが不在で、右ウイング気味に田中佑。超変則布陣である。

■ 福岡がダービーで連勝

試合は、前半15分、福岡のMF久永が倒されて得たPKをMFタレイが決めて先制。一方の鳥栖は、前半26分にパスカットからMF高橋がドリブルで持ち込んで、FW谷口にラストパス。FW谷口が落ち着いて決めて同点に追いつく。FW谷口は今季3ゴール目。

押し気味の鳥栖だったが、前半41分に福岡のDF長野にミドルシュートを決められて、再びリードを許す。鳥栖は2失点とも、バイタルエリアをフリーにして喫した失点だった。前半は、福岡が2対1のリードで折り返す。

後半に入ると、鳥栖がセットプレーから数多くのチャンスを作る。しかしながら、キック精度を欠くシーンが多く同点に追いつくことはできない。1点リードの福岡はカウンターで攻撃を仕掛ける。試合終了間際には、福岡がFW大久保のパスからMFタレイがダメ押しのゴールを決めて追加点。

結局、アビスパ福岡が3対1で勝利。2連勝を飾った。

#18 アビスパ①
福岡①


#19 アビスパ②
福岡②


#20 アビスパ③
福岡③


#21 アビスパ④
福岡④


■ 理想的な試合運び

福岡は、理想的な試合展開で勝利を勝ち取った。先制点・勝ち越し点・追加点の3ゴールのいずれもが非常に効果的な時間に生まれて、試合を優位に進めた。特に、前半終了間際のDF長野のゴールは、後半の戦いで主導権を握る上でも大きかった。

ストッパーのDFルダンとDF長野が鳥栖の2トップを密着マークし、その後ろのエリアをカバーしたDF布部のプレーも非常に落ち着いていて、隙を見せなかった。セットプレーでピンチを招いたが、流れの中では鳥栖をほとんど決定的なチャンスを作らせることは無かった。

■ 奮闘するFW大久保哲哉

1トップの福岡はFW大久保がハイパフォーマンスを見せた。190cmの長身で空中戦にも強く、足元のプレーも悪くない。大柄な割には機動力も十分で、16試合中13試合でスタメン出場しているのが頷けるプレーぶりだった。

この試合はゴールは無かったが、これまで5ゴールをマークしておりチームトップ。FW黒部、FWグリフィス、FWハーフナー・マイクらライバルが多い中で、完全にポジションをつかんだ。ロングボール主体の福岡としては、非常に重要な選手である。

#22 勝利のダンス
試合後②


#23 勝利の歓喜
試合後③


■ 先の見えない戦い方①

この試合は九州ダービーという燃える要素も十分で、選手たちは与えられた仕事を十二分にこなして3対1という勝利をつかんだ。最近のごたごたを見る限り、相手チーム以外にも戦うべき存在がいる難しい中、選手たちは非常によく頑張っている。

しかしながら、次につながる勝利かといったら、やや疑問である。1つ負けると、土台がまた崩れてなくなってしまいそうな危うい中での勝利であるといえる。

アビスパ福岡がJリーグ(J1)に昇格したのは1996年。ただ、J1では2000年の1stステージの6位が最高で、それ以外は散々な成績に終わっている。2006年には5年ぶりにJ1に復帰したが1年で降格。2007年はJ1再昇格に失敗。2008年もスタートダッシュに失敗した。未来は見えず、強化方針も一定しない。

■ 先の見えない戦い方②

福岡のサポーターがリトバルスキー監督を支持しない最大の理由は、彼にビジョンがないからだろう。昨シーズン中盤の好調の次期は、MFアレックスやMF久永、MF久藤らを中心に、中盤で丁寧につないでサイドから仕掛けるサッカーを見せたが、一端、負けが込むと、突如、放り込み戦術に変更。その結果、チームは機能不全に陥って、大失速した。

この試合も、前半から攻撃はひたすらロングボールを1トップのFW大久保に向けて放たれるだけで、敵陣内でフリーキックを獲得しても、素早くリスタートすることは皆無。ゆっくりを時間をかけてセットしてから、ロングボールを前線に蹴り込む。まさしく、サム・アラダイスのサッカーである。

怖いのは、昨オフからこういうサッカーをするために戦力補強を行ってきたことである。昨オフ、FWハーフナー・マイク、FWグリフィス、FW黒部、FW大久保といった高さがあって、前線のターゲットマンタイプを次々に獲得した。シーズン前からのプラン通りのサッカーができているというと聞こえはいいが、結果は伴っておらず、MFアレックス、MF宮崎光平、MF山形恭平らがチームを去った状況では、後戻りをしたくても出来ないほどに、リトバルスキー監督が望むようなチーム構成に改造してしまった。

確かに、この試合で1トップを務めたFW大久保の出来は非常に良かった。ただ、今年・来年・再来年とずっとこういうロングボールに頼るサッカーをしていくわけではないだろうし。それならばリトバルスキー監督以上に適任者がいるはずである。彼にこだわる理由は無い。

#24 リトバルスキー監督
リティ


#25 横断幕⑦
横断幕⑦


#26 横断幕⑧
横断幕⑧


■ 金信泳不在の影響

一方の鳥栖は、やはりFW金信泳の不在の影響が大きかった。代役の19歳のFW谷口が同点ゴールをマークするなど健闘を見せたが、高さに強い福岡のセンターバックに対して、正攻法でしか勝負できなかったのは痛恨だった。

エースFW藤田の動きが重くほとんどチャンスに絡めなかったのも痛かったが、仮に、FW金信泳がいれば、FW金の動きの量の多さやドリブルが威力を発揮したことだろう。ダービーという舞台で、彼の存在の大きさが浮き彫りになった。

■ ミスを繰り返した後半

試合展開で言うと、前半終了間際に福岡に勝ち越しゴールを奪われたことが大きかった。前半に不運な形でPKを取られて先制を許したが、その後はペースを握り、FW谷口のゴールで追いつくことに成功。一気に逆転!!!というムードが高まった時間帯に、予想外のDF長野にゴールを奪われてプランが大きく狂った。

後半に入ると、焦りもあって、鳥栖はミスを連発した。ハードワークして戦うのがチームのスタイルだが、これだけミスが多いと、勝負にならない。

流れを変えようと試みた選手交代もうまくいかなかった。後半15分に左サイドバックのDF谷田に代えてDF野崎を投入したが、本来は攻撃的MFの野崎をサイドバックで起用する作戦は成功せず、対面の福岡MF田中佑のスピードを警戒するあまり引き気味になって、サイドの引っ張り合いで劣勢に立った。

#27 試合終了後
試合後④


■ 強さを増すMF高橋義希

全体的には低調だった鳥栖だったが、キャプテンのMF高橋義希のプレー振りはチーム内では際立った。23歳の北京五輪世代だが、すでにJ2では172試合の出場経験があって、同年代では随一。2006年からはチームのキャプテンを任されており、まさしく鳥栖の大黒柱である。

キャラクター的には守備能力の高いバランサータイプのボランチであるが、MF衛藤とダブルボランチを組むときは、もっと攻撃的なスタイルになる。この試合でも、右サイドを中心に積極的に前に飛び出していってFW谷口のゴールをアシストした。

特筆すべきはフィジカルの強さで、J2のミッドフィールダーの中ではトップクラス。その体の強さは攻撃でも守備でも威力を発揮している。同世代のボランチで、昨シーズンまで水戸に所属したMF小椋も人に強いタイプであるが、彼の場合は体の使い方が非常にうまく、サッカーセンスを感じさせるプレースタイルであるが、MF高橋の場合は、純粋に当たりに強い。

■ いつかの夢に向かって・・・

サガン鳥栖は2003年頃のどん底の状態から這い上がって、2006年にはJ2で4位に食い込むなど、J2リーグの中では見逃せない存在となっている。

ただ、J1昇格の大きなチャンスを迎えながら、2007年は8位。松本育夫監督就任以降、上昇気流にあったチームはやや停滞感を見せており、飛躍的に上昇した観客動員も減少傾向で、チームとしては正念場を迎えつつある。

近年、J2に昇格した徳島や愛媛、草津の現状を考えれば分かるように、JFLとJ2には大きな差があるし、J2の下位と中位にも大きな差があるし、J2の中位と上位にも明確な差がある。鳥栖は、ここ数年間で、J2の下位チームから中位チームまで上り詰めて、今、中位チームから上位チームにステップアップしようとしている。

稀にジャンプアップするチームもあるが、ほとんどのチームにとって、一歩、一歩、確実に進んでいくしか道は無い。2005年のヴァンフォーレ甲府、2006年の横浜FCの例を見ればわかるように、適切なクラブ運営をすれば、規模の小さなクラブでもJ1に昇格することができるということは、実証されている。

#28 サガンサポーター①
スタジアム内③


#29 サガンサポーター②
フラッグ下②


#30 松本育夫GM
試合前⑤


#31 岸野靖之監督
試合前⑥


#32 サガンサポーター③
ゴール裏①


#33 サガンサポーター④
スタジアム内②



人気エントリー サガン鳥栖編 (ベスト10)

 第01位 2008/06/01  松本育夫(サガン鳥栖GM)のサッカー人生
 第02位 2007/07/22  【鳥栖×徳島】 鳥栖での夜に感じたこと (生観戦記 #13)
 第03位 2009/12/22  前サガン鳥栖監督 岸野靖之の乱
 第04位 2006/08/14  【柏×鳥栖】 新居・衝撃のハットトリック ぜひA代表に・・・
 第05位 2008/06/03  【鳥栖×福岡】 いつかの夢に向かって・・・ (生観戦記 #7)
 第06位 2006/07/10  【東京V×鳥栖】 国立初体験 (生観戦記 #1)
 第07位 2009/10/27  【鳥栖×甲府】 岸野靖之監督と歩んだ3年間
 第08位 2008/11/17  【天皇杯:神戸×鳥栖】 ベストメンバー問題に思う。
 第09位 2008/05/29  【徳島×鳥栖】 藤田祥史の日本代表入りの可能性
 第10位 2007/09/02  【鳥栖×福岡】 ヒートアップする九州ダービー














おすすめエントリー (10記事)

コメント

仙台スタジアムも駅から見えた気がします。
でも地下鉄だし、スタジアムは厳密には
ラグビー兼用ですから
あてはまらないかもしれませんが
2008/06/13(金) 12:51:49 | URL | ぽ  [編集]
>>> ルイージさん

どうもコメントありがとうございます。内から見ている人は、もっとおかしなフロントだと思うかもしれませんね。ちょっと異常な状況です。

>>> あさん

鹿島スタジアムもそうでしたか・・・。どうも、情報ありがとうございます。
2008/06/05(木) 22:54:24 | URL | じじ  [編集]
鹿島も駅からスタジアム見れるよ
名前も鹿島サッカースタジアム駅だし

全然主要な駅じゃないけど;
2008/06/04(水) 10:53:53 | URL | あ  [編集]
去年の試合でチームを去った選手のうち2人が当日になって試合に出たくないということがあったと聞きました。それだけリトバルスキー監督に対する信頼度が無かったのだと思います。

それにしても外から見ても福岡のフロントは何かがおかしい気がするのですが…
2008/06/04(水) 00:28:15 | URL | ルイージ  [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


02月20日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

02月20日
【J1】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:520名)

02月20日
【J2】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:214名)

02月20日
【J3】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:58名)


02月20日
【史上最攻シンドローム】 勝負の1年に挑むコンサドーレ札幌

02月20日
【J1】 2018年の得点王は誰だろうか?~本命はFWジョー(名古屋グランパス)か?~

02月20日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (1位-9位)

02月19日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (10位-18位)

02月19日
【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-11位)

02月19日
【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (12位-22位)

02月18日
【ACL】 済州ユナイテッドの度重なるラフプレーにドン引きした件。 (vs セレッソ大阪)

02月18日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-6位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (7位-12位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (13位-18位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (後編)

02月16日
【年俸比較】 「プロ野球選手は高給取り、Jリーガーは薄給」というイメージはもうすぐ古くなる。

02月16日
【最初の10試合は低調】 クルピ監督に対するセレッソ大阪のサポーターの見解は事実か?嘘か?

02月16日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (FC東京・湘南・清水・広島・磐田)

02月15日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (C大阪・G大阪・横浜FM・名古屋・神戸)

02月15日
【J1:順位予想】 躍進候補は名古屋・広島・浦和・FC東京あたり??? (2018年版)

02月15日
【J2:順位予想】 躍進候補は栃木SC・レノファ山口・ロアッソ熊本・ツエーゲン金沢あたり。 (2018年版)

02月14日
【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (前編)

02月14日
【ACL】 川崎フロンターレのベストな攻撃陣の組み合わせは?~中村憲剛・小林悠・大久保嘉人・齋藤学・阿部浩之・家長昭博etc.~

02月14日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その36)

02月14日
【ゼロックス】 福島孝一郎主審のPKのジャッジは妥当だったのか? (川崎F vs C大阪)

02月13日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (浦和レッズ・コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台・サガン鳥栖)

02月13日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (V・ファーレン長崎、柏レイソル、鹿島アントラーズ、川崎フロンターレ)

02月13日
【J2:順位予想】 過小評価されやすいV・ファーレン長崎・松本山雅・ギラヴァンツ北九州

02月12日
【J3:2018年の順位予想】 大本命はブ秋田。追うのは北九州・長野・鹿児島Uなど。

02月12日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (残留争い編)

02月12日
【J1:2018年の順位予想】 本命は川崎フロンターレか?鹿島アントラーズか?セレッソ大阪か?

02月11日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (躍進候補は?)

02月11日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (プレーオフ争い編)

02月11日
【Jリーグ】 日本テレビ系列のサッカーの扱い方(ACL含む)は酷すぎないか? (後編)

02月10日
【Jリーグ】 日本テレビ系列のサッカーの扱い方(ACL含む)は酷すぎないか? (前編)

02月10日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (自動昇格争い編)

02月10日
【J1】 2018年の全18クラブの総年俸を計算してみた。 (1位-9位)

02月09日
【J1】 2018年の全18クラブの総年俸を計算してみた。 (10位-18位)

02月09日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (残留争い編)

02月09日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (躍進候補は?)

02月08日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (上位争い編)

02月08日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (優勝争い編)

02月08日
【J1:順位予想】 過小評価されやすいサガン鳥栖・横浜Fマリノス・ベガルタ仙台・アルビレックス新潟

02月07日
【J1:順位予想】 過大評価されやすいガンバ大阪・FC東京・浦和レッズ・名古屋グランパス

02月07日
【J2】 22クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (上)

02月07日
【順位予想】 「横浜Fマリノスが過小評価されすぎている。」という話

02月06日
【日本代表】 MF香川真司(ドルトムント)の代表復帰はあり得るか?

02月06日
【日本代表】 DF内田篤人(鹿島アントラーズ)の代表復帰はあり得るか?

02月06日
【日本代表】 MF本田圭佑(パチューカ)の代表復帰はあり得るか?

02月05日
【J1】 18クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (後編)

02月05日
【J3】 17クラブの監督の中で「最初に解任されそうな監督」は誰だろうか?

02月05日
【J1】 18クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (前編)

02月04日
【J1】 18クラブの監督の中で「最初に解任されそうな監督」は誰だろうか?

02月04日
【J3】 オフの戦力補強の最終評価 (FC東京U-23・G大阪U-23・C大阪U-23) (2017年-2018年のオフ)

02月04日
【J2:2018年の順位予想】 3強が中心となる自動昇格争い。本命は大宮アルディージャか!?

02月03日
【タイ人ブームの到来】 Jリーグがアジア各国のスター選手が集まるリーグになったら・・・。

02月03日
【J3】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (1位~10位まで)

02月03日
【J1・J2・J3】 「獲得できたらお買い得」に思える契約満了になった選手(10名) (2018年版)

02月02日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その35)

02月02日
【J3】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (11位~20位まで)

02月02日
【J1】 「いい補強だ。」とは感じなかった今オフのJリーグの補強 (1位~10位まで)

02月01日
【J2】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (1位~10位まで)


02月01日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


最近のメルマ (15記事)

カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: