アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/10/15 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (GK編)
 2017/10/15 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (右SB編)
 2017/10/16 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (左SB編)
 2017/10/16 【U-17W杯:日本 vs ニューカレドニア】 散々な内容・・・。収穫はMF椿直起(横浜FMユース)のみ。
 2017/10/16 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (横浜マリノス編)
 2017/10/17 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを23人だけ挙げてみた。 (CB編)
 2017/10/17 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (栃木SC編)
 2017/10/17 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを32人だけ挙げてみた。 (ボランチ編)
 2017/10/18 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを42人だけ挙げてみた。 (アタッカー編)
 2017/10/18 【U-17W杯】 DF喜田陽(セレッソ大阪U-18)がPK失敗。ベスト8進出はならず。
 2017/10/18 【Jリーグ】 ザスパクサツ群馬のサポーターが出したSOSの横断幕について
 2017/10/19 【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (東京ヴェルディ編)
 2017/10/19 【ACL】 興ざめだった上海上港&FWフッキのマナー違反 (vs 浦和レッズ)
 2017/10/19 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (浦和レッズ編)

 2017/10/19 全記事一覧(2005年-2017年)


5/15記念 #2 Jリーグ史上、最も魅力的なサッカーを披露したと思うチームはどこですか? | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

① ヴェルディ川崎 (1993年)

 → FWカズ、FW武田、MFラモス、MF北沢、MF柱谷、DF都並とずらりと日本代表選手が揃ったJリーグ史上有数のタレント軍団で、シーズン途中には、最強の助っ人と言われたMFビスマルクが加入。2ndステージを制し、そのまま初代年間チャンピオンに輝いた。FWカズは36試合で20ゴールの大活躍を見せて、シーズンMVPに輝いた。

DFペレイラとDFロッサムを中心としたDFラインも強固で攻守ともに隙がなく、人気も抜群だった。まさしくJリーグバブルを象徴するスーパーチームだった。このチームを率いたのが、松木安太郎氏だったことも思い出深い。


  GK:菊地、
  DF:石川、ペレイラ、ロッサム、中村忠(都並)、
  MF:柱谷、ラモス、北沢、ビスマルク、
  FW:カズ、武田、



② サンフレッチェ広島 (1994年)

 → バクスター監督の下、FW高木琢也、FWハシェック、MF盧廷潤、MF風間八宏、MF森保一ら成熟した優秀なタレントを揃えた広島が誰も予想のしなかった快進撃を見せて、1stステージを制覇した。日本代表のFW高木は14ゴール、チェコ代表でも活躍したFWハシェックが19ゴール、現役の韓国代表だったMF盧廷潤は10ゴールをマークした。

うまく個の力と組織力がミックスされた好チームで、特に中盤のMF風間とMF森保の活躍は際立っていた。DF柳本啓成、DF上村健一ら若手も次々と台頭してきた。


  GK:前川、
  DF:森山、柳本、佐藤、片野坂、
  MF:風間、森保、盧廷潤、チェルニー、
  FW:高木、ハシェック、



③ ベルマーレ平塚 (1994年)

 → 1994年にジュビロ磐田とともにJリーグ昇格を果たすと、2ndステージでは2位に入る予想外の好成績を残した。右サイドバックのDF名良橋と左サイドバックのDF岩本輝が果敢にオーバーラップを繰り返し、超攻撃的なスタイルが人気を集めた。

大黒柱のMFベッチーニョが24ゴール、エースストライカーのFW野口幸司が19ゴール。新人王を獲得したMF田坂、ファルカンジャパンでレギュラーポジションを獲得したDF名塚、フランスW杯のメンバーだったGK小島ら、印象深い選手が多く、「湘南の暴れん坊」とたたえられた。ちなみに、MF中田英寿が加入するのは、翌年である。


  GK:小島、
  DF:名良橋、名塚、渡辺、岩本輝、
  MF:田坂、エジソン、ベッチーニョ、反町(西山)、
  FW:野口、アウミール、



④ 名古屋グランパスエイト (1995年)

 → 名将ヴェンゲルの下、大躍進を果たした名古屋。中断前の16節までは6勝10敗。得点25得点39失点と散々なスタートだったが、残り試合を9勝1敗で乗り切って1stステージは4位でフィニッシュ。2ndステージは、川崎には及ばなかったが2位に食い込んだ。

ヴェンゲルとピクシーを中心とする華麗なモダンフットボールはリーグ全体に衝撃を与え、日本サッカー協会は今でもヴェンゲルの姿を追い求めている。FWストイコビッチが15ゴール、FW小倉隆史とFW森山泰行が14ゴール、MF岡山哲也が10ゴール、MFディリックスが10ゴール、MF平野孝が9ゴールと、ピクシーを中心に若手アタッカー達が躍動し、DFトーレスとDF大岩を中心としたDFラインも鉄壁だった。


  GK:伊藤、
  DF:飯島、トーレス、大岩、小川、
  MF:ディリックス、浅野、岡山、平野、
  FW:ストイコビッチ、小倉(森山)、



⑤ 浦和レッズ (1995年)

 → 93年1st、93年2nd、94年1stと3期連続で最下位とどん底の浦和レッズだったが、オジェック監督の下、このシーズンに年間4位に躍進を果たした。その中心となったのは、DFブッフバルト、MFウーベ・バイン、FW福田正博のトリオだった。

ドイツ代表でも中心として活躍したDFブッフバルトは94年の後半戦からチームに加入。圧倒的な高さと強さを見せて、ワールドクラスの実力をまざまざと見せつけた。FW福田は50試合で32ゴールをマークし、日本人初の得点王に輝く。MFウーベ・バインとのホットラインは強烈で、俊足のFW岡野を含めたトライアングルは、カウンターのシーンで驚異的な力を発揮した。


  GK:土田、
  DF:トニーニョ、ブッフバルト、田口、
  MF:広瀬、土橋、山田、杉山、バイン、
  FW:岡野、福田、



⑥ 横浜フリューゲルス (1996年)

 → 95年にFWエバイール、MFジーニョ、MFサンパイオという「パルメイラストリオ」が加入。躍進が期待されたが、期待にこたえられずに13位(16チーム中)という不本意な成績に終わり、巻き返しを図ったシーズンで、ようやく真価を発揮した。

94年のアメリカW杯の優勝メンバーであるMFジーニョと、98年のフランスW杯で3ゴールを挙げたMFサンパイオというセレソンコンビを中心に、日本代表のMF前園真聖、MF山口素弘ら日本人選手が融合され、年間順位で3位に急上昇した。GK楢崎、MF三浦淳といった次世代のスター選手も頭角を現した。

時に、現役のブラジル代表だったMFレオナルドとMFジョルジーニョのいた鹿島アントラーズ戦は大きな注目を集め、実にフィールド上の4人/22人がブラジル代表でレギュラーポジションを獲得した経験を持つ選手というドリームマッチで、1996年5月18日に国立で行われた横浜Fと鹿島の対戦(15節)は、Jリーグ史上最高の試合に挙げられることが多い。


  GK:楢崎、
  DF:薩川、大嶽、前田、
  MF:山口、サンパイオ、森山、三浦淳、前園、ジーニョ、
  FW:エバイール、



⑦ ジュビロ磐田 (1998年)

 → 97年に初めて年間チャンピオンに輝いたジュビロ磐田。迎えたワールドカップイヤーの98年は、FW中山雅史が大爆発した。第6節~第9節にかけて、世界記録となる4試合連続ハットトリックを記録。27試合で36ゴールをマークし、初めての得点王とMVPを獲得した。

チーム全体で見ても、34試合で107ゴールを記録。得失点差は「68」。MF藤田が17ゴール、FW奥が12ゴール、MF名波が6ゴール、MFドゥンガが5ゴールと、どこからでもゴールを奪うことができた。ルーキーイヤーだったFW高原は20試合で5ゴールをマーク。京都サンガとの開幕戦でいきなりゴールをマークした。


  GK:大神、
  DF:古賀、田中、アジウソン、服部、
  MF:ドゥンガ、福西、藤田、名波、
  FW:奥、中山、



⑧ 清水エスパルス (1999年)

 → MVPに輝いたMFアレックスと日本代表MF安藤正裕を中心に強烈なサイドアタックを敢行。見事にチーム初のステージ制覇を成し遂げた。入団3年目のMFアレックスは左サイドからスピード溢れるドリブル突破を見せてリーグにセンセーショナルを巻き起こし、MF沢登正朗、MF伊藤輝悦、MFサントスの中盤も魅力的だった。

静岡勢同士の対決となったチャンピオンシップでは、PK戦の末、涙をのんだが、ホームの日本平で迎えた第2戦は、1点取られた直後にMFアレックスが報復行為で退場し10人となるが、MF沢登が値千金の直接FKを決めて追いついた。


  GK:真田、
  DF:安藤、森岡、戸田、市川、
  MF:伊東、サントス、沢登、アレックス、
  FW:安永、久保山、


⑨ ジュビロ磐田 (2002年)

 → 中盤のキーマンだったMF奥大介が横浜FMに移籍したが、ボカ・ジュニアーズからFW高原直泰が復帰。ゴン・タカの2トップが猛威を振るい、FW中山は29試合で16ゴール、FW高原は27試合で26ゴールをマーク。FW高原は得点王とMVPをダブル受賞。ブンデスリーガへと旅立って行った。

MF名波を中心とした中盤はMF西紀寛が台頭し、MF名波・MF西・MF藤田・MF福西・MF服部で黄金の中盤を形成した。1stステージは13勝1敗1分、2ndステージは13勝2敗と圧倒的な成績を残し、見事に初の完全優勝を成し遂げた。1stステージの第13節の磐田戦は2対2に終わったが、最後まで両チームとも攻め合った好ゲームで、王者相手に一歩も引かなかった。


  GK:ヴァンズワム、
  DF:鈴木、田中、大岩、
  MF:福西、服部、名波、西、藤田、
  FW:高原、中山、



⑩ 京都サンガ (2002年)

 → 96年にJリーグに昇格して以降、思うような成績が残せていなかった京都サンガだが、2002年シーズンに飛躍した。リーグ戦は5位、ナビスコカップは予選リーグで敗退したが、天皇杯でチーム史上初のタイトルを獲得した。

その中心は、FW黒部光昭、MF朴智茶、MF松井大輔の3人。3トップに近い超攻撃的なスタイルで、彼ら3人の攻撃的な良さを十二分に引き出した。シーズン終了後に、MF朴はアイントフォーヘンに旅立っていった。虐げられてきたサンガが、唯一、大きな輝きを放ったメモリアルシーズンだった。


  GK:平井、
  DF:角田、手島、鈴木和、
  MF:石丸、斉藤、富田、鈴木慎、
  FW:朴智星、黒部、松井、


⑪ ジェフ市原 (2003年)

 → 名将イビチャ・オシムを迎えた最初のシーズン。戦前は苦戦が予想されたが、周囲のすべての人の予想を裏切る大躍進を果たした。代名詞となった「走るサッカー」はリーグに旋風を巻き起こし、第13節を終えて首位に立つと、第14節にも初のステージ優勝が決まる状況となった。

結局、タイトルは逃したが、年間順位は3位。24試合で17ゴールをマークしたFW崔龍洙を軸に、攻守にアグレッシブなサッカーを見せ、リーグ全体に新スタイルを提示した。


  GK:櫛野、
  DF:斉藤、ミリノビッチ、茶野、
  MF:佐藤、阿部、坂本、村井、羽生、
  FW:サンドロ、崔龍洙、



⑫ ガンバ大阪 (2005年)

 → 33試合で33ゴールをマークしたFWアラウージョを中心に、圧倒的な破壊力を見せたシーズン。FWアラウージョ、FW大黒、MFフェルナンジーニョのトライアングルは強烈で、FW大黒は16ゴール、MFフェルナンジーニョは7ゴール、MF遠藤保仁も10ゴールをマークした。

失点数はリーグワースト4位の「58」と守備は万全ではなかったが、取られたら取り返すというスタイルが感動を生み、最終節でC大阪を逆転し、初タイトルを獲得した。


  GK:藤ヶ谷、
  DF:シジクレイ、宮本、山口、
  MF:橋本、遠藤、渡辺、二川、フェルナンジーニョ、
  FW:大黒、アラウージョ、



⑬ ジェフ千葉 (2005年)

 → 03年オフにFW崔龍洙、DF中西、04年オフにMF村井、DF茶野と主力の流出が相次いだが、それでもチームは失速することはなかった。05年にはFWマリオ・ハースとDFストヤノフが加入。2人の経験豊富なベテランを加えたチームは、成熟を見せていく。

キャプテンのMF阿部勇樹は33試合で12ゴール、同じく、FW巻誠一郎は33試合で12ゴール。MF山岸智、MF羽生直剛、MF水野晃樹、DF水本裕貴らの台頭も目覚ましく、ナビスコカップでは、G大阪との死闘を制して、初タイトルを獲得。オシム・スタイルの完成形の1つを示した。


  GK:立石、
  DF:結城、ストヤノフ、斉藤、
  MF:佐藤、阿部、山岸、坂本、羽生、
  FW:巻、ハース、



⑭ 川崎フロンターレ (2006年)

 → J1昇格2年目にして2位に躍進し、ACLの出場権を獲得したメモリアルシーズン。FWジュニーニョが20ゴール、FW我那覇が18ゴール、MF谷口が13ゴール、MF中村憲が10ゴールと4人が二桁ゴールを記録。攻撃的なスタイルが多くのサポーターを魅了した。

MF中村憲はこのシーズンの秋に初めて日本代表に招集され、以後、日本を代表するプレーメーカーに成長を遂げていった。MF森勇介、FW黒津勝といった脇役の活躍も目覚ましく、FWジュニーニョを起点としたカウンターアタックは驚異的な破壊力を誇った。


  GK:相澤、
  DF:箕輪、寺田、伊藤、
  MF:谷口、中村憲、森、マルコン、マギヌン、
  FW:我那覇、ジュニーニョ、



⑮ ガンバ大阪 (2006年)

 → オフにFWアラウージョとFW大黒が退団し戦力ダウンが心配されたが、FWマグノ・アウベス、FW播戸、DF加地ら新戦力がチームにフィットし、ドリブラーのMF家長が成長。総合力では前年度をしのぐ好チームとなった。

シーズン終盤にMF遠藤を病気で欠き、リーグ制覇を逃したが、そのMF遠藤を中心としたテクニカルな攻撃は、観るもの全てを魅了した。DF宮本、DFシジクレイ、DF山口の最終ラインからのフィードも正確で的確だった。


  GK:藤ヶ谷、
  DF:シジクレイ、宮本、山口、
  MF:橋本、遠藤、加地、家長、二川、
  FW:播戸、マグノ・アウベス、



⑯ ヴァンフォーレ甲府 (2006年)

 → 2005年の入替戦で柏レイソルに圧勝してJ1に初昇格。J2レベルで見ても中規模クラスのチームで、誰もが降格候補の筆頭に挙げる中、FWバレーを中心にエネルギッシュに戦って、シーズンを通して残留争いに巻き込まれることはなかった。FWバレーは持ち前のがむしゃらなスタイルを披露し、30試合で14ゴール。J1初勝利を呼び込んだ川崎F戦のロングシュートなど、印象的なゴールが多かった。

MF石原、MF藤田、MF倉貫、MF林を中心とした中盤はサッカーの魅力を伝えるに十分で、特にホームの小瀬競技場では、熱狂的なサポーターに囲まれて、数多くのドラマを作った。


  GK:阿部、
  DF:杉山、ビジュ、秋本、山本、
  MF:林、石原、藤田、
  FW:宇留野、茂原、バレー



⑰ 鹿島アントラーズ (2007年)

 → リーグ終盤に驚異的な9連勝を記録し、夢の10冠を達成。リーグ再開に合わせて、MF小笠原がメッシーナから復帰し、チームの軸におさまった。アントラーズの伝統のサッカーに、オリベイラ監督の持つサッカー哲学が見事に融合し、シーズン終盤は無敵の強さを見せた。

キーマンとなったMF本山は全試合に先発出場し、華麗なドリブルに加えてダーティーな仕事も引き受ける総合力の高いミッドフィールダーに成長を遂げていった。元日に行われた天皇杯も制して、11個目のタイトルを獲得した。


  GK:曽ヶ端、
  DF:内田、岩政、大岩、新井場、
  MF:青木、小笠原、本山、野沢、
  FW:マルキーニョス、田代、






Q. Jリーグ史上、最も魅力的なサッカーを披露したと思うチームはどこですか?


  ① ヴェルディ川崎 (1993年)
  ② サンフレッチェ広島 (1994年)
  ③ ベルマーレ平塚 (1994年)
  ④ 名古屋グランパスエイト (1995年)
  ⑤ 浦和レッズ (1995年)
  ⑥ 横浜フリューゲルス (1996年)
  ⑦ ジュビロ磐田 (1998年)
  ⑧ 清水エスパルス (1999年)
  ⑨ ジュビロ磐田 (2002年)
  ⑩ 京都サンガ (2002年)
  ⑪ ジェフ市原 (2003年)
  ⑫ ガンバ大阪 (2005年)
  ⑬ ジェフ千葉 (2005年)
  ⑭ 川崎フロンターレ (2006年)
  ⑮ ガンバ大阪 (2006年)
  ⑯ ヴァンフォーレ甲府 (2006年)
  ⑰ 鹿島アントラーズ (2007年)
  上記以外のチーム


投票する  途中経過を見る






おすすめエントリー (10記事)

コメント

レオナルドがいた頃の鹿島が最高だった、、、、
どこのチームも止められない
2009/02/23(月) 20:04:49 | URL | サポ  [編集]
確かにこのラインナップを見ると2004レッズがないのは不思議ですね
2008/05/15(木) 20:17:01 | URL | j  [編集]
中断直前で丁度システムの検証をしようと思っていました。
ゲルトの思考を探る上で京都のシステムは参考になります
2008/05/15(木) 13:48:57 | URL | sadakiti  [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


10月19日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

10月19日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (浦和レッズ編)

10月19日
【ACL】 興ざめだった上海上港&FWフッキのマナー違反 (vs 浦和レッズ)

10月19日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (東京ヴェルディ編)

10月18日
【Jリーグ】 ザスパクサツ群馬のサポーターが出したSOSの横断幕について

10月18日
【U-17W杯】 DF喜田陽(セレッソ大阪U-18)がPK失敗。ベスト8進出はならず。

10月18日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを42人だけ挙げてみた。 (アタッカー編)

10月17日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを32人だけ挙げてみた。 (ボランチ編)

10月17日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (栃木SC編)

10月17日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを23人だけ挙げてみた。 (CB編)

10月16日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (横浜マリノス編)

10月16日
【U-17W杯:日本 vs ニューカレドニア】 散々な内容・・・。収穫はMF椿直起(横浜FMユース)のみ。

10月16日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (左SB編)

10月15日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (右SB編)

10月15日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (GK編)

10月14日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (コンサドーレ札幌編)

10月14日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (アルビレックス新潟編)

10月13日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ガンバ大阪編)

10月13日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (V・ファーレン長崎編)

10月13日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (アビスパ福岡編)

10月12日
【サッカー】 フジテレビ系列は解説者の清水秀彦さんをいつになったら諦めるのか・・・。

10月12日
【U-17W杯:日本 vs フランス】 スコアは僅差だったが・・・。苦手とするフランスに完敗。

10月12日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ザスパクサツ群馬編)

10月11日
【投票:U-17W杯】 vs フランス戦(2戦目)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月11日
【日本代表】 DF槙野智章のスタメン起用は(流行りの)排除のためだったのか? (vs ハイチ)

10月11日
【国際親善試合:日本 vs ハイチ】 大きな戦力になり得る187センチのFW杉本健勇(セレッソ大阪)

10月10日
【国際親善試合】 ハイチ戦(H)の日本代表プレーヤーを採点しよう。

10月10日
【投票:親善試合】 vs ハイチ戦(H)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月10日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ツエーゲン金沢編)

10月10日
【U-17日本代表】 DF菅原由勢(名古屋U18)は「日本サッカー史上最高の右SB」になれるか?

10月10日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ファジアーノ岡山編)

10月09日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (名古屋グランパス編)

10月09日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (愛媛FC編)

10月09日
【U-17W杯】 圧巻のゴールラッシュ!!!MF中村敬斗(三菱養和SCユース)はハットトリック達成!!!

10月08日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (モンテディオ山形編)

10月08日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ジェフ千葉編)

10月07日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (徳島ヴォルティス編)

10月07日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (湘南ベルマーレ編)

10月07日
【国際親善試合:日本 vs ニュージーランド】 大きな存在感を発揮したプラチナ世代のMF小林祐希

10月06日
【国際親善試合】 ニュージーランド戦(H)の日本代表プレーヤーを採点しよう。 (2017年10月6日)

10月06日
【投票:親善試合】 vs ニュージーランド戦(H)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月06日
【移籍市場】 ヴィッセル神戸は「Jリーグの嫌われ者」になる覚悟はあるのか?

10月05日
【日本代表】 2022年のカタールW杯での活躍が期待される日本人選手 (1位-10位) (フォワード編)~2位:FW鈴木優磨、1位:FW久保裕也~

10月05日
J3初観戦に想う。 (ブラウブリッツ秋田 vs ガンバ大阪U-23@あきぎんスタジアム)

10月05日
【J3】 自動昇格争いの展望 ~有利なのは栃木SC、ダークホースは鹿児島ユナイテッド~

10月04日
【サッカー】 いい解説者になれそうな現役選手 (1位-10位)~5位:遠藤保仁、4位:小野伸二、3位:岩政大樹、2位:中村俊輔、1位は・・・~

10月04日
【J3】 元日本代表の森岡隆三監督(ガイナーレ鳥取)は指導者としては無能なのか?

10月04日
【J3】 元日本代表の宮本恒靖監督(ガンバ大阪U-23)は指導者としては無能なのか?

10月03日
【サッカー】 不人気なサッカー解説者 (1位-10位)~5位:セルジオ越後、4位:北澤豪、3位:清水秀彦、2位:武田修宏、1位は・・・~

10月03日
【サッカー】 人気のあるサッカー解説者 (1位-10位)~5位:岡田武史、4位:福西崇史、3位:戸田和幸、2位:名波浩、1位は・・・~

10月03日
【Jリーグ】 日本を代表するダービーマッチ (1位-10位) ~3位:静岡ダービー、2位:さいたまダービー、1位は・・・。~

10月02日
【J3】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手をあと10人だけ挙げてみた。

10月02日
【J3】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手を10人だけ挙げてみた。

10月02日
【J2】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手をあと10人だけ挙げてみた。

10月01日
【J2】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手を10人だけ挙げてみた。

10月01日
【J1】 2017年-2018年の移籍市場で去就が注目されるJリーガーをあと10人だけ挙げてみた。

10月01日
【J1】 2017年-2018年の移籍市場で去就が注目されるJリーガーを10人だけ挙げてみた。

09月30日
【Jリーグ】 「攻撃面での貢献度が高いキーパー」というと誰だろうか? (J1編・J2編・J3編)

09月30日
【J1】 残留争いの展望 ~対戦相手が厳しいのは広島と大宮、恵まれているのは清水~


09月28日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----岩上祐三 (14)
 -----江坂任 (9)
 -----大前元紀 (15)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----城福浩 (20)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----小泉慶 (12)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (22)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----風間宏希 (15)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----林陵平 (11)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----藤田祥史 (11)
 -----表原玄太 (8)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----ダヴィ (13)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 -----鈴木武蔵 (20)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----佐藤洸一 (15)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----永井龍 (21)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 -----庄司悦大 (18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----大黒将志 (23)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----喜山康平 (8)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----丸岡満 (11)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (5)
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 -----平繁龍一 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 -----山藤健太 (18)
 ├鹿児島ユナイテッド (5)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: