アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







カウントダウンタイマー

最近のエントリー (15記事)

 2018/02/16 【最初の10試合は低調】 クルピ監督に対するセレッソ大阪のサポーターの見解は事実か?嘘か?
 2018/02/16 【年俸比較】 「プロ野球選手は高給取り、Jリーガーは薄給」というイメージはもうすぐ古くなる。
 2018/02/17 【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (後編)
 2018/02/17 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (13位-18位) (参加者数:457名)
 2018/02/17 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (7位-12位) (参加者数:457名)
 2018/02/18 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-6位) (参加者数:457名)
 2018/02/18 【ACL】 済州ユナイテッドの度重なるラフプレーにドン引きした件。 (vs セレッソ大阪)
 2018/02/19 【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (12位-22位)
 2018/02/19 【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-11位)
 2018/02/19 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (10位-18位)
 2018/02/20 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (1位-9位)
 2018/02/20 【J1】 2018年の得点王は誰だろうか?~本命はFWジョー(名古屋グランパス)か?~
 2018/02/20 【史上最攻シンドローム】 勝負の1年に挑むコンサドーレ札幌
 2018/02/21 【J1】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)
 2018/02/21 【J2】 22クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (下)
 2018/02/21 【J2】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)

 2018/02/21 【J1】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:526名)
 2018/02/21 【J2】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:214名)
 2018/02/21 【J3】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:58名)
 2018/02/21 【J1・J2・J3】 順位予想バトル エラー投稿の一覧 (現時点のエラー投稿者:18名)

 2018/02/21 全記事一覧(2005年-2018年)


【FC東京×新潟】 怪物のデビュー戦 (生観戦記 #7) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 味の素スタジアムでのJデビュー

2001年に完成した、東京スタジアム。ボクは、このスタジアムが、今まで行ったスタジアムの中では、一番のお気に入りのスタジアムである。文句を言いたいのは、駅までちょっと遠いことと、専用スタジアムにしてはピッチがやや遠いことくらいで、会場の雰囲気が最高で、臨場感たっぷり。

新宿駅から飛田給に向かう電車の中には、至るところで青いユニフォームを着たサポーターが見られて、「今日は、FC東京の試合が、あるぞ。」という雰囲気が、スタジアムに向かう電車の中から、ビシビシ伝わってくる。いやがおうにも、気持ちは高ぶる。

この試合は、平山相太のJリーグデビュー戦。すでに、「SOTA」というネームプレートの付いた背番号39のレプリカユニフォームが売店に並んでいる。試合前のメンバー発表では、大トリで名前を呼ばれて、他の誰よりも大きな歓声があがる。首都のクラブに入団した、新しいスター選手を迎えるにふさわしい最高の雰囲気の中、試合が始まった。

5連敗中のFC東京は、長期離脱中のDF茂庭・MF鈴木規・DF金沢に加えて、この試合では、MF石川・MF梶山・DFジャーン・FWルーカスまでもが先発から外れる苦しい陣容。平山相太と戸田の2トップで、宮沢と今野のダブルボランチ。センターバックは、中澤聡太と藤山でスタートした。

■ 平山のヘッドから先制点

先制点を奪ったのは、FC東京だった。前半10分、ロングフィードを受けた平山がゴール前の戸田に正確にヘディングで落とすと、相手DFがクリアしようとしたものの十分にクリアできず。こぼれ球を、FW川口が決めて先制した。いきなり、平山の頭が、先制点につながった。

待望の先制点ということで、スタジアムは異常な盛り上がりになったが、その直後、新潟がMF鈴木慎吾のゴールで追いつく。さらに、前半19分には、右サイドでフリーになったMF松下が、ゴールキーパーの脇をすり抜けるシュートを放って勝ち越した。

逆転された東京は、サイド攻撃を中心に新潟ゴールに攻め込むが、川口&徳永の右サイドと、栗沢&伊野波の左サイドがともに機能せず、なかなか平山にいいボールが渡らない。中盤の争いでも、新潟のMFシルビーニョを捕まえきれず、好パスを前線に供給された。また、ボランチとセンターバックの間に広大なスペースがあって、新潟に鋭いカウンターを何度も繰り出された。

■ 同点を狙うFC東京

追いつきたい東京は、後半から、平山のポジションを修正。前半は、左サイドに位置することが多かった平山を中央に張らせるようにした。(新潟のDFラインで一番、小さい内田を平山とマッチアップさせる作戦だった?)

平山は、ゴールキーパーからのアバウトなロングボールでもいい状態で競ることが出来ればかなりの確率で勝利し、攻撃の基点になり始めたが、新潟は、平山の落としたボールへの対応で東京に優り、決定機を作らせない。東京は、後半9分に栗沢→阿部、後半19分に川口→赤嶺という交代を行い、4トップ気味の布陣に変更したが、ボクは、この赤嶺の投入の時点で、新潟の勝利を確信した。

リードされているチームが追いつくためにフォワードを投入するのは常套手段だが、その効果が吉と出るか凶と出るかは、時と場合による。この試合のように、前線にスペースが見つけにくい状況で、さらにフォワードの人数を増やしてしまうと、それまで以上に前線が混雑して、事態が悪化することが多い。リードされている状況で、フォワードではなくてボランチやディフェンダーの交代を行うと、一見すると消極的な意味のない策のように見えるが、一概にそうとは言えない。まあ、間違いなく、この倉又監督の采配は愚策だった。

互いにチャンスを作って、「追いつくか」か、「突き放すか」どちらに転んでもおかしくないという展開になった後半31分、新潟がMF松下のミドルで突き放す。この後、東京はDFの伊野波を下げて、MF馬場を投入するがこれも裏目。セカンドボールが拾えなくなったことで二次攻撃ができなくなって、新潟にカウンターを食らう。結局、エジミウソンのPKで4点目を加えた新潟が4対1で勝利した。

■ 合格点のデビュー

注目の平山は、結局フル出場で、合格点のプレーだった。コンディション自体は、見ている限り、特に悪い感じではなかった。制空権を獲得し、得意のヘディングで先制ゴールをお膳立てしただけではなく、いくつかチャンスも作った。後半開始すぐのヘディングシュートと後半終了間際の左足のシュートはどちらかひとつは決めたかったが、平山に向かってクロスが上がった瞬間の期待感は、スタジアム中に漂っていた。

平山のよさはいくつもあるが、一番優れているのは、アバウトなロングボールを相手と競り合って競り勝つだけではなくて、チャンスになりそうな位置に正確にボールを落とすことが出来る点だと思う。ヘラクレスのときはワイドな3トップだったので、落とす位置が限られていたが、FC東京では、周りのサポートがヘラクレス時代よりも期待できるので、より、このストロングポイントが生かされるだろう。

もうひとつ、感心させられるのは、リーチの長い足で自分の周りにゾーンを作って、相手DFを飛び込めない状態にして、自ら、シュートのためのスペースを作ることが出来るところ。この試合でも、2度ほどそういう場面が見られた。もっとコンディションがよくなれば、並のセンターバックでは対処できないだろう。

■ 平山のストロングポイント

平山を見るとき注意して欲しいのは、決して、平山を170cmの選手と同じ「ものさし」で計ってはいけないということ。平山は、192cmの大型選手である。170cmの選手と同じようなスピードで走ることは出来ないし、同じだけの運動量は望めないかもしれない。しかしながら、その高さと強さを生かして、170cmの選手には到底できないようなプレーをする。

選手には、それぞれ、特徴があってしかるべきで、何でもこなせるスーパーな選手なんて、世界中探してもほとんどいないのが現状。絶対的な武器がある選手は、その武器を生かせるよう心がけてプレーすべきであって、不得意な分野があっても、当たり前で、少々は目をつぶろう。平山に対して、「スピードがないから」とか、「運動量がないから」とか言って非難する人は、同じように、170cmの選手が相手ディフェンダーとヘディングで競り合って負けたときに、その選手を非難しますか?

■ 6連敗の原因は?

試合全体を通して、FC東京出来になった3点。

・ボール回しに余裕がないこと。
・サイドで1対1になったときに突破できない or サイドで数的優位の状況を作ることが出来ないこと。
・センターバックの能力不足。

これだけ、主力が欠けていると致し方ない面もあるが、苦しみながらも勝ち進んでいくのがビッグクラブである。まだ、FC東京がビッグクラブになるには、時間がかかりそうだ。

■ 次回こそは・・・

最後に、この試合で、今シーズンのFC東京の試合は3試合見たが、いづれも敗戦。内容もいまひとつ。切符売り場で、ホーム最終戦のチケットをもう買ってしまったので、非常に難易度は高いけど、今度こそ、勝利を飾って、スタジアムが一体になるところを見てみたい。次回こそ期待。




それでは、以下、アルビレックス新潟側の視点に立って・・・。

■ オレンジ色の軍団

2004年の開幕戦で、アルビレックス新潟はFC東京と対戦した。記念すべきJ1初試合だった。味の素スタジアムは、アルビレックス新潟にとっても、思い出の場所である。

新宿あたりから、オレンジ色のユニフォームが目立つようになる。ただし、このチームが他のチームと決定的に違うのは、オレンジのユニフォームを着ているそのサポーターに「おばちゃん」が多いこと。50代?60代?とにかく、一番サッカーとは無縁の生活を送っていそうな層の人たちが、スタジアムに向かって歩いている。

新潟のスタジアムは、もしかしたら、Jリーグで一番平均年齢が高いかもしれない。多くの場合、「高齢化」はネガティブにとらえられがちだが、新潟サポーターの高齢化は、非常にポジティブ。案の定、スタジアムの一角は、オレンジ色で占められている。

■ アウェーで4対1の完勝

新潟は、ファビーニョが欠場で松下が代役で右MFに入る。前節で3得点を奪った攻撃陣は、エジミウソンの1トップで、その下の位置に、右から、松下・田中亜土夢・鈴木慎吾が並ぶ。

前半10分に、川口に先制ゴールを奪われた新潟だったが、東京の不安定な守備を突いて、鈴木慎吾と松下のゴールで勝ち越す。後半にも、松下とエジミウソンのゴールで追加点を挙げて、見事な勝利をおさめた。

■ ボールも人も動くサッカー

この試合の新潟は素晴らしかった。ボクは、これまで新潟の試合を見て、一度もいいと思ったことがなかったので(← ごめん、事実だから。)、予想外だった。そして、「こんなサッカーが出来るチームだったのか」と驚いた。

エジミウソンがしっかりと前線で起点になって、MFが次々と前線に絡んでいくサッカーは、まさに、「ボールと人が動くサッカー」。昨シーズンまでのアルビレックス新潟のサッカーは、前線と中盤が分断された”前後分断サッカー”だったが、今シーズンは、鈴木監督のもと、徐々に内容が改善されてきていて、この試合で開花した。

完勝の原動力は、FWエジミウソンと、MFシルビーニョと、MF田中亜土夢の3人。採点をするなら、田中が「7.5」で、エジミウソンが「8.0」で、シルビーニョが「8.5」。

エジミウソンの相棒にターゲットタイプ(矢野 or 中原)ではなく田中を起用したが、甲府戦に続いて、田中はハイパフォーマンスを見せた。豊富な運動量で東京をかく乱し、エジミウソンへの的確なサポートで攻撃をスムーズに進行させた。東京のDFがズタズタにされた原因は、田中の存在に他ならない。同じユース代表では、大分のMF梅崎司がスポットライトを浴びるが、田中の実力はひけをとらない。気になるのは、比較的自由にボールを持ったときに、アイディア不足からか、次のプレーに迷う場面が目立つことくらいか。

エジミウソンは、1トップのフォワードとしてパーフェクトなプレー。中央で起点になるだけではなく、サイドに流れたときはスピードを生かしてダイナミックなドリブル突破を見せて、東京の脅威になり続けた。得点は、PKの1点だけだったが貢献度は高い。

■ ゲームを支配したシルビーニョ

MOMは、シルビーニョ。前半は、フィールド上の選手全てを、シルビーニョが操っている印象だった。基本ポジションはボランチだが、当然のごとく、そのポジションは流動的で、東京はシルビーニョをフリーにしすぎた。前半、シルビーニョから、前線のエジミウソンや田中に面白いように生きたパスが通り、そのほとんどがチャンスにつながった。東京の今野と宮沢のダブルボランチがなかなかうまくゲームメークできないのを尻目に、シルビーニョは完全に試合をコントロール。パスミスも皆無だった。

何でビッグスワンが満員に埋まるのか、これまでよく分からなかったが、この試合で、少し分かった気がする。エジミウソンを1トップに置いて、中盤が流動的に動くスタイルのサッカーは、ベンゲル監督のアーセナルを髣髴とさせた。ここまで内容のあるサッカーを毎試合見せられるようになるのなら、アーセナルがエミレーツ・スタジアムを新設したように、新潟にももっとキャパの大きいスタジアムが必要になるかもしれない。




おすすめエントリー (10記事)
次のページ>




| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


02月21日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

02月21日
【J1】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:520名)

02月21日
【J2】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:214名)

02月21日
【J3】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:58名)


02月21日
【J2】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)

02月21日
【J1】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)

02月21日
【J2】 22クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (下)

02月20日
【史上最攻シンドローム】 勝負の1年に挑むコンサドーレ札幌

02月20日
【J1】 2018年の得点王は誰だろうか?~本命はFWジョー(名古屋グランパス)か?~

02月20日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (1位-9位)

02月19日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (10位-18位)

02月19日
【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-11位)

02月19日
【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (12位-22位)

02月18日
【ACL】 済州ユナイテッドの度重なるラフプレーにドン引きした件。 (vs セレッソ大阪)

02月18日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-6位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (7位-12位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (13位-18位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (後編)

02月16日
【年俸比較】 「プロ野球選手は高給取り、Jリーガーは薄給」というイメージはもうすぐ古くなる。

02月16日
【最初の10試合は低調】 クルピ監督に対するセレッソ大阪のサポーターの見解は事実か?嘘か?

02月16日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (FC東京・湘南・清水・広島・磐田)

02月15日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (C大阪・G大阪・横浜FM・名古屋・神戸)

02月15日
【J1:順位予想】 躍進候補は名古屋・広島・浦和・FC東京あたり??? (2018年版)

02月15日
【J2:順位予想】 躍進候補は栃木SC・レノファ山口・ロアッソ熊本・ツエーゲン金沢あたり。 (2018年版)

02月14日
【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (前編)

02月14日
【ACL】 川崎フロンターレのベストな攻撃陣の組み合わせは?~中村憲剛・小林悠・大久保嘉人・齋藤学・阿部浩之・家長昭博etc.~

02月14日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その36)

02月14日
【ゼロックス】 福島孝一郎主審のPKのジャッジは妥当だったのか? (川崎F vs C大阪)

02月13日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (浦和レッズ・コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台・サガン鳥栖)

02月13日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (V・ファーレン長崎、柏レイソル、鹿島アントラーズ、川崎フロンターレ)

02月13日
【J2:順位予想】 過小評価されやすいV・ファーレン長崎・松本山雅・ギラヴァンツ北九州

02月12日
【J3:2018年の順位予想】 大本命はブ秋田。追うのは北九州・長野・鹿児島Uなど。

02月12日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (残留争い編)

02月12日
【J1:2018年の順位予想】 本命は川崎フロンターレか?鹿島アントラーズか?セレッソ大阪か?

02月11日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (躍進候補は?)

02月11日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (プレーオフ争い編)

02月11日
【Jリーグ】 日本テレビ系列のサッカーの扱い方(ACL含む)は酷すぎないか? (後編)

02月10日
【Jリーグ】 日本テレビ系列のサッカーの扱い方(ACL含む)は酷すぎないか? (前編)

02月10日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (自動昇格争い編)

02月10日
【J1】 2018年の全18クラブの総年俸を計算してみた。 (1位-9位)

02月09日
【J1】 2018年の全18クラブの総年俸を計算してみた。 (10位-18位)

02月09日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (残留争い編)

02月09日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (躍進候補は?)

02月08日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (上位争い編)

02月08日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (優勝争い編)

02月08日
【J1:順位予想】 過小評価されやすいサガン鳥栖・横浜Fマリノス・ベガルタ仙台・アルビレックス新潟

02月07日
【J1:順位予想】 過大評価されやすいガンバ大阪・FC東京・浦和レッズ・名古屋グランパス

02月07日
【J2】 22クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (上)

02月07日
【順位予想】 「横浜Fマリノスが過小評価されすぎている。」という話

02月06日
【日本代表】 MF香川真司(ドルトムント)の代表復帰はあり得るか?

02月06日
【日本代表】 DF内田篤人(鹿島アントラーズ)の代表復帰はあり得るか?

02月06日
【日本代表】 MF本田圭佑(パチューカ)の代表復帰はあり得るか?

02月05日
【J1】 18クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (後編)

02月05日
【J3】 17クラブの監督の中で「最初に解任されそうな監督」は誰だろうか?

02月05日
【J1】 18クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (前編)

02月04日
【J1】 18クラブの監督の中で「最初に解任されそうな監督」は誰だろうか?

02月04日
【J3】 オフの戦力補強の最終評価 (FC東京U-23・G大阪U-23・C大阪U-23) (2017年-2018年のオフ)

02月04日
【J2:2018年の順位予想】 3強が中心となる自動昇格争い。本命は大宮アルディージャか!?

02月03日
【タイ人ブームの到来】 Jリーグがアジア各国のスター選手が集まるリーグになったら・・・。

02月03日
【J3】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (1位~10位まで)

02月03日
【J1・J2・J3】 「獲得できたらお買い得」に思える契約満了になった選手(10名) (2018年版)

02月02日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その35)

02月02日
【J3】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (11位~20位まで)


02月01日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


最近のメルマ (15記事)

カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: